Posts Tagged '鉄くず拾いの物語'

第66回ベルリン国際映画祭5日目

Death in Sarajevo 試写

サラエボを舞台に、そのサラエボの混沌とした歴史を、経営難で混沌とした状況に陥っていく現代のホテルの話の中に落とし込み、深みのある人間ドラマになっている。さすが2013年に『鉄くず拾いの物語』(https://yukariyamaguchi.wordpress.com/2013/02/15/第63回ベルリン映画祭7日目/)で銀熊賞獲得のダニス・タノヴィッチ監督。上手い脚本で銀熊とか、なんなら今度こそ金熊?

 

Alone in Berlin 試写

会見:ヴァンサン・ペレーズ監督, アヒム・フォン・ボリエス(脚本), エマ・トンプソン, ブレンダン・グリーソン, ダニエル・ブリュール,  ミカエル・パーシュブラント,  ステファン・アーントプロデューサー

ナチスドイツ時代の実話が、わかりやすいドラマになってる。役者は実力派揃い。

 

Crosscurrent 試写

クライムドラマになりそうな雰囲気もあったけど、ラブストーリーとして終わった中国映画。主人公が船の中で見つけた詩の朗読がバックに流れて、手紙の朗読がバックにあった昨日のとも似てるけど、昨日のがクラッシックな雰囲気なら、こちらは青春しててインディーっぽい。

第63回ベルリン映画祭7日目

An Episode in the Life of Iron Picker コンペ 試写

屑鉄拾いで暮らす極貧の家族の暮らしが描かれる。暮らしの細部をじっくり撮って生活感出してるのがいい。

鉄くず拾いの物語として2014年1月11日より公開中(2014年1月16日追記)

Prince Avalanche コンペ 試写 会見

スーパーマリオをモデルにしたみたいなキャラクターを、ポール・ラッドとエミール・ハーシュが演じる。映画中のハーシュは太ってて、ちょっとジャック・ブラックみたいだった。本物もラッドの方が2の線だったし。こういうコメディ系の俳優さん、けっこう皆さん実物は二枚目で侮れない。

くじらのまち フォーラム 登壇

鶴岡慧子監督はじめ、みんな若い。ぴあフィルムフェスティバルから出てくる人たちは、若くて才能ある人が多いな。

先祖になる フォーラム 登壇

若くて才能ある人もいいけど、こっちの元気で明るい年寄りもいいぞ。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ