Posts Tagged '博士と彼女のセオリー'

The Aeronauts

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月7日(月)

The Aeronauts

トム・ハーパー監督が、エディ・レッドメインにフェリシティ・ジョーンズ で、実在した天気予報の父みたいな人の実話をふくらませて映画化。

天気が予測できれば多くの人が助かるという信念のもと、上空を観測したい学者が、飛行高度の記録更新に挑もうという気球乗りに目をつける。

前年にこの映画祭参加だったWild Roseが、地味配役にもかかわらず、上出来だったハーパー監督、やっぱり上手い。研究一途な気象学者と、ショーガール的な要素もある女性気球乗りとの組み合わせにしたことで、しっかり見せ場を作りつつ、引き込まれる展開で、最後まで引っ張る。

Wild Roseの成功あってか、今回の配役は、博士と彼女のセオリーでオスカー受賞のレッドメインと、その時の相手役ジョーンズと話題性バッチリ。思い起こすだけで泣きそうな映画だったが、今回はまた違ったコンビの面白さみせる。

日本ではイントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりとして公開。

公式サイトhttps://www.theaeronauts.movie/

どこが違うんだろう

第61回ロンドン映画祭

10月4日

Breathe 開幕映画試写+会見 ジョナサン・カヴェンディッシュ(P)、アンディー・サーキス監督 、アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ

寝たきりになった夫と支える妻の物語。と言えば、博士と彼女のセオリーが浮かぶが、こちらは最後まで添い遂げる。どこが違うんだろう?障害の重さ?泣けるけど、ユーモアもあるのが良い。プロデューサー、ジョナサンの両親がモデルの実話。

http://www.breathefilm.co.uk/home/

5日

Mudbound

兵隊のPTSDと人種差別に家族の問題も絡めて、重層的に描く。最後、詰めが甘くないか?良い映画だけに、惜しい気がする。

https://www.netflix.com/gb/title/80175694

Dark River 試写

長編デビュー作The Arborほどではなかったクライオ・バーナード監督長編第三作目。

http://film.britishcouncil.org/dark-river

 

 

 

 


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ