Posts Tagged 'ロンドンLGBT映画祭'

第32回BFIフレア: ロンドンLGBTQ+映画祭

今年からQ+(クエッショニングとそのほか)がついた映画祭、3月21日から4月1日まで開催。

3月22日

Love, Scott プレス試写

ゲイということで襲撃を受け車椅子生活となった青年スコットのドキュメンタリー。

https://www.facebook.com/lovescottfilm/

My Days of Mercy 開幕映画再上映

エレン・ペイジ、ケイト・マーラとも、らしい役。死刑制度を考えさせる家族ドラマ兼恋愛ドラマ。

https://www.facebook.com/MyDaysOfMercyMovie/

26日

A Deal with the Universe プレス試写

こないだまでお見かけしていたこの映画祭の元プログラマー、ジェイソン・バーカーが監督となり、自身の女→男→女となっての妊活を撮ったドキュメンタリー。

29日

Southern Pride プレス試写

過去にも良ドキュメンタリーで度々この映画祭に参加してきたマルコム・イングラム監督の新作は保守的なアメリカ南部でのゲイバーを中心にしたコミュニティーの活動記録。

https://www.facebook.com/SouthernPrideDocumentary/

Going West 一般上映

女装家である父と、その息子である青年とのロードムービー。笑いもあって、じんわりくるとこもある良ドラマ。

https://www.levelk.dk/films/going-west/3529

Freak Show トゥールディ・スタイラー監督登壇付き上映

個性的すぎるゲイの少年が案の定学校でいじめられて…。良くも悪くもアメリカ学園ドラマ。スティングの妻でもあるトゥールディ、元気なのはヨガのたまものか。

http://www.ifcfilms.com/films/freak-show

後日オンライン試写

The Revival

信仰との葛藤ドラマ。 あそこまでカタストロフィックな落ちにしなくても…。どうなる?どうなる?で最後まで興味をつなぐのは上手い。

Becks

時間切れで途中までしか観れなかったけど、ユーモアがあってサバサバしてる主人公が好感持てるロマコメ。

https://www.becksmovie.com

広告

第31回ロンドンLGBT映画祭

3月16日から26日まで開催、観られたのをざざっと。

 

After Louie

時代は移り、人は歳をとる、というのをゲイの活動家を主人公に。

http://www.afterlouie.com

 

The Handmaiden

オールド・ボーイの監督が荊の城ではじけた。

http://www.handmaidenmovie.com

 

Southwest of Salem

冤罪ドキュメンタリー。魔女狩りならぬレズビアン狩り。

http://www.southwestofsalem.com

 

The Center of My World

悩める可愛いいティーンがトワイライトっぽいゲイもの。

http://mitte-der-welt-film.de

 

Signature Move

モスリムのレズビアン女性×レスリングのコメディー。

https://signaturemovemovie.com

 

Handsome Devil

タイトルから予想したのと違って軽めの学園ものだった。SHERLOCKのモリアーティー役でブレイクしたアンドリュー・スコットの教師役は良い。

 https://twitter.com/handsomefilm

 

Orlando

サリー・ポッター監督による1992年の映画を25周年記念上映。こういう性別不明/人間じゃないような役やらせたらデヴィッド・ボウイかこの方、ティルダ・スウィントン。でも、顔小っちゃくて首と手足が長い宇宙人的肢体の中、意外とお尻が大きいのをヌードシーンで再確認。Young Adam(邦題猟人日記)の疲れたおばさん役みたいなのができるのもそこか。

 

Don’t Call Me Son

実は母親と血がつながっていなかった息子に、もう一ひねりあるドラマ。けっこう大問題なところをすっと流して息子の生活を追ったのが成功。

https://zeitgeistfilms.com/film/dontcallmeson

 

Terry Pines

心の病を持つ母親に育てられた女の子のセクシャリティーにまつわる実話を、サラッとしたアニメにしてある。がっつり実写ドラマで観たい気もするけど、そしたら重すぎ?

https://www.torreypinesfilm.com

第30回ロンドンLGBT映画祭閉幕

一昨日のグッドフライデーから明日までイースターホリデー。劇場でのプレス試写も無いため、一昨日、昨日とオンラインの方で試写。

 

Jason and Shirley

オスカー監督のシャーリー・クラークがジェイソン・ホリデーを撮ったPortrait of Jasonの舞台裏を再現したドラマ。Portrait of Jasonが観たくなる。

公式サイトhttp://www.jasonandshirleyfilm.com/

 

I Promise You Anarchy

チンピラなゲイの子たちが可愛いく、リアリティーを持って描いてある。クライムスリラーっぽい展開になった後、そこがほっとかれたまま終わって、ちょっと戸惑う。描きたいのはそこじゃないということでは、良かったんだろうか。

 

そして、今日、映画祭で閉幕を飾った映画は10日のプレス試写で観たこちら。

Summertime

70年代のフランス、農村からパリに行く女の子と、そこで出会ったウーマンリブ活動家とのラブストーリー。メインの2人も良いし、ストーリー展開も飽きさせないけど、最後に数年後のシーンをつけたのが蛇足だったような。勝手に想像させてほしい。

公式サイトhttp://www.palacefilms.com.au/labellesaison/

 

 

 

第30回ロンドンLGBT映画祭9日目

Henry Camble’s Birthday Party

出てくる男の子は可愛い。

公式サイトhttp://www.henrygamblemovie.com/

 

The Chambermaid Lynn 一般上映

ホテル客室清掃係の主人公の趣味が、ベッドの下に隠れてお客をうかがうこと。あっさりした端正な顔だちの女性で不思議ちゃん的に可愛いのに、だんだん病んだ女性というのがわかってくる。ファンタジックなシーンもあるけど、現実に着地してちょっと悲しい。現実から離れて、アメリを変態にしたような映画にしてくれたら、もっと良かったけど、今日の中では一番。

 

Beautiful Something 一般上映 ジョゼフ・グラハム監督登壇

4人のゲイの話が、ところどころ絡まりつつ進む。ハリウッド的に良い話風にまとめて皆がハッピーみたいなオチが気に食わないけど、そこに感動する人もいるのかも。

 

 

 

第30回ロンドンLGBT映画祭8日目

Holding the Man

オーストラリアの映画賞多数受賞。出会いから死が2人を別つまでを時代の様相を絡めつつ描くゲイ大河ドラマ風。ああし て、こうして、そうなって、と事細かに全て描いてくれる。メロドラマチックなのも気になったけど実話だって。なら、感傷的になるのもしかたないか。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/HoldingTheManFilm

 

Theo and Hugo   一般上映 オリヴィエ・デュスカレル&ジャック・マルティノー監督登壇

後半のセオとヒューゴの会話で見せる部分は自然でリアルで良いけど、前半 の乱交クラブでの出会いシーン、あそこまでこってりたっぷりしなくても。ゲイポルノ兼ラブストーリーを狙ったのだろうから、外野が文句言う筋合いもないけど。

 

Nasty Baby  一般上映

こちらは前半良いのに、後半いろんなことが起こりすぎて、テーマがぼやけた。キャラクターも良い感じに変テコで好感がもてるから、出だしのコメディータッチが消えちゃうのが残念。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/nastybabyfilm

 

今日の3本は酷評気味だけど、そこそこ期待してたからこそ。見終わった後の余韻はあまりないけど、観てる間はどうなる?どうなる?で飽きさせないから、そこまで悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

第30回ロンドンLGBT映画祭7日目

Sworn Virgin

去年のベルリン・コンペ作がロンドン映画祭にも来てたのに両方で見逃し、ようやく、ここで観れた。タイトルとなったアルバニアの風習が興味深い。レズビアンのようで、そうでもなさそうな主人公、これからどう生きるのか気になる。

公式サイトhttp://www.the-match-factory.com/films/items/sworn-virgin.html

 

Barash 一般上映 ミハル・ヴィニク監督登壇

女の子のカミング・オブ・エイジもの。女優じゃない女の子を探したというのが功を奏してる。フレッシュでリアルな女の子たち。プレスセンターにLGBT映画祭ではほとんど見かけないちびっ子連れのお母さんがいるなあ、自由人っぽいお母さんだなあ、と思ってたのが監督!登壇も子連れで微笑ましかった。

 

Women He’s Undressed 一般上映

ベティ・デイヴィスやマリリン・モンローの映画衣装で3度もアカデミー賞を受賞し、若き日のケーリー・グラントの恋人でもあったオリー=ケリーのドキュメンタリー。そんな凄い人なのに全然知らなかった。ケーリー・グラントが、表立ってほしくなかったらしい。大スターのグラントのゲイ恋人、しかもグラントがエスコートで稼いでいた時代を知っているとくれば、そりゃそうか。でも、ダークなハリウッド裏話風ではなく、ちょっとコミカルに見せてるのが上手い。

公式サイトhttp://www.womenhesundressed.com/

第30回ロンドンLGBT映画祭6日目

Mapplethorpe: Look at the Pictures 一般上映 フェントン・ベイリー監督登壇

ロバート・メイプルソープのドキュメンタリー。サンダンスでのお披露目後、ベルリンにも来てたのを観られず、ここでキャッチアップ。断片的にしか知らなかったメイプルソープの人と作品のかなりの部分、幼少時から、エイズで亡くなる間際、骸骨のようにやせ細って開いた最後のパーティーまで、を観られた。一昨日のマイケル・ジャクソンでも思ったけど、凄いダンスを見せる人も、凄い写真を見せる人も、やっぱり完璧主義者。

公式サイトhttp://www.mapplethorpefilm.com/

 

Seed Money: The Chuck Holmes Story 一般上映 ジェリー・ゴールドスタイン(出演:当時の関係者)登壇

ポルノ映画スタジオのFalconで大成功して大金持ちになったチャック・ホルムズのドキュメンタリー。Falconの映画もたくさん混ぜてあって、70年代ゲイポルノの雰囲気もわかる。

公式サイトhttp://www.chuckholmesdoc.com/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

広告