Posts Tagged 'ロンドン映画祭'

エホバの証人体験者が描いた Apostasy

10月24日(土)テレビ(BBC2)でApostasy鑑賞。

2017年のロンドン映画祭で、IWCシャフハウゼン映画制作者奨学金賞、5万ポンドを獲得したダニエル・ココテイロ監督長編デビュー作。脚本も書いている。

監督はイギリスの新人、出演者もイギリスローカルで、地味な映画ながら評価は高い。

エホバの証人の信者一家が主人公。熱心な母と娘2人、悲劇としか言いようがない状態になるのに_

信者の生活や、内部組織の様子など、やけにリアリティーがあると思ったら、監督自身その中で育った元信者だった。そうでなければ書けない話。

公式サイトhttps://www.curzonartificialeye.com/apostasy/n

一味違うパーティー映画 Lovers Rock

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月17日(土)

Lovers Rock

今回の映画祭で2本目のスティーヴ・マックイーン監督作。もう1本Mangroveと同じくSmall Axeという5連作中の1本。
パーティーを開く若者たちというとラブコメかと思うけど、一味違う。
音楽の熱が、恋の熱、怒りの熱、いろんな感情を乗せて、伝える力が圧巻。

公式サイトhttps://www.bbc.co.uk/programmes/m000prjp

地球に落ちて来た女 Friendship’s Death

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月17日(土)

Friendship’s Death

1987年制作映画のリストア版。地球に落ちて来た男ならぬ“地球に落ちて来た女”をティルダ・スウィントンが演じる。と言っても、ボウイとスウィントンの人間離れした綺麗さという共通点はあれど、ストーリーは全然違う。

宇宙人が友好目的で地球に送り込んだアンドロイドがフレンドシップ(スウィントン)。手違いで紛争中のパレスチナに到着、そこでイギリスからの戦争特派員(ビル・パターソン)と知り合う。真っ直ぐにものを見るフレンドシップとの会話は、シュールながら時に核心をつく。

監督、脚本のピーター・ウォーレンは、本もたくさん書いている映画理論の教授なのだそう。

公式サイトhttps://shop.bfi.org.uk/pre-order-friendship-s-death-dual-format-edition.html

メアリー・アニングにスポットを当てた良作 Ammonite

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月17日(土)

Ammonite

実在した古生物学者メアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット)とシャーロット・マーチソン(シアーシャ・ローナン)のラブストーリー。

メアリーは大発見もしてるのに、教育を受けていないなどの理由で、当時は功績が充分に認めらなかったのが、近年、正当に評価されつつあるのだそう。

試写後、調べたらラブストーリーの部分は脚本も書いたフランシス・リー監督の創作らしい。シャーロットと友人関係だったのは確かだけど、それ以上だった証拠は無し。でも、メアリーがヘテロセクシュアルだった証拠も無し。

いずれにせよ、二女優の演技が素晴らしく見応えあるし、地元イギリスでさえそこまで知られていないメアリー・アニングにスポットを当てた意義もある良作。

アンモナイトの目覚めとして4月9日公開。

公式サイトhttps://www.see-saw-films.com/film/ammonite/#visuals
日本版サイトhttps://gaga.ne.jp/ammonite/

カオスなメキシコ New Order

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

New Order

メキシコの豪邸で行われる結婚式に武装グループがなだれこむ。犯罪ものかと思いきや、式をあげていた富豪たちと、そこで働く使用人たちの階級差、果ては武装グループを制圧するかたわら政治力を強める軍隊の話になり…

ちょっと、ついていくのが大変。

公式サイトhttps://videocine.com.mx/peliculas/nuevo-orden/

闇の奥的世界を明かそうとした African Apocalypse

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

African Apocalypse

ジョゼフ・コンラッド闇の奥に描かれたアフリカを行くドキュメンタリー。

言わずと知れたフランシス・フォード・コッポラ監督地獄の黙示録(Appocalypse Now)の基になった本だ。

クルツ、カーツみたいな白人による惨たらしい行為が明かされていく。けど、語る人の表情がわざとらしかったりとか気になってしまった。

今まで、ガイド役とかナレーターとか、気になったことがなかったのは、上手かったからと改めて気がついた。役を演じるのが簡単ではないのはわかるけど、カメラの前で自然な反応を見せるのも同様かもしれない。

公式サイトhttps://africanapocalypsefilm.com/

比べずにはいられない近さ Possessor

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

Possessor

脳をどうこうして他人の体に入り込み任務遂行。

薄気味悪いストーリーでグロい映像の映画だ。監督はブランドン・クローネンバーグ、あのデヴィッド・クローネンバーグ監督の息子。

前作もだけど、ジャンルがほぼ同じ。好みが近い? 遺伝? でも、ただグロいだけではない衝撃を与え、心を揺さぶる偉大な父には届かず。まあまあ楽しめるけど。

公式サイトhttps://www.possessormovie.com/

ゴールデングローブ作品賞&監督賞 Nomadland

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

Nomadland

ノミネートを受けて記事としましたが、結果は作品賞&監督賞受賞! この勢いでオスカーも?

ゴールデングローブ主要部門にノミネート!高齢漂流労働者のリアルを描いた傑作「ノマドランド」が3月26日から公開

公式サイトhttps://www.searchlightpictures.com/nomadland/
日本版サイトhttps://searchlightpictures.jp/movie/nomadland.html

ドクター・フーのテーマを作ったサイケな女性 Delia Derbyshire: The Myths and The Legendary Tapes

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月15日(木)

Delia Derbyshire: The Myths and The Legendary Tapes

デリア・ダービシャーを再現した映画。この映画祭での上映がワールドプレミアになる。キャロライン・キャッツ監督、脚本、主演。

ドクター・フーのあの印象的なテーマ曲を作り出した音楽家。当時、電子音楽は、試行錯誤して、まさに作り出したというふう。

音楽に負けず、サイケな女性だったようだ。ヒッピー世代と言うか、あの頃に活躍してた人は、ドラッグかアルコールで人生を困難にするケースが多いけど、デリアもその例に漏れず。

才気煥発な美女だけに、もったいない。

公式サイトhttps://www.deliaderbyshirefilm.com/

ティルダ・スウィントン一人芝居 The Human Voice

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月15日(木)

The Human Voice

ペドロ・アルモドバル監督が同名の舞台劇をアレンジした、ほぼティルダ・スウィントンのみ30分の短編。

一人芝居の緊迫感に加え、徐々に精神状態が怪しくなってくる”待つ女“のストーリーが余計に目を離せなくさせる。結果、じーっとティルダを見つめ続ける30分、凄い女優だなあ。

公式サイトhttp://www.pathe.co.uk/at-home/the-human-voice/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ