Posts Tagged 'レインダンス映画祭'



女優、今昔

第24回レインダンス映画祭4日目

 

Lost Youth他短篇特集 木村太一監督ら登壇

スタイリッシュな映像と思ったら、ミュージックビデオで活躍してる監督。納得。

公式サイトhttps://vimeo.com/taichikimura

 

二重生活

門脇麦、初めて見たけど、とても良い。出てた人は最近よく見るリリー・フランキーくらいしかわからなかったけど、エンドロールに烏丸せつこの名前。セクシー女優だった20年前くらいの姿で記憶してるもんだから愛人役?とか一瞬思ったけど、なわけないな、もう、けっこうな歳のはず、おばあちゃん?いや、そこまでじゃないか、あっ、ゴミ出し見張りおばさんだ!と気がついて、けっこうショックでした。

公式サイトhttp://nijuuseikatsu.jp/sp/index.html

広告

イギリスのティーンと日本のティーン

第60回ロンドン映画祭プレス試写5日目

Spaceship

新感覚の若者映画。大人と子供の中間にいるような子たちが、空想と現実の中間くらいで生活してる感じ。一方で、ミリタリーも身近にあり、ラリってふらふらしてるか、ミリタリー行くくらいしか若い人の選択肢がないイギリスの地方の雰囲気もちゃんとある。現実に着地したようで、そうじゃないとこを残してるのが良い。アレックス・テイラー監督、期待の新人のようだ。

公式サイトhttp://www.ifeatures.co.uk/spaceship2.html

 

レインダンス映画祭に移動

イノセント15 

こちらはきつい生活の中にいる日本の15歳が主人公。作品の完成度はまだまだでも、主演の男の子と女の子が説得力ある。

公式サイトhttp://innocent15.toca.tokyo

レインダンスが密入国者の人間ドラマで開幕

第60回ロンドン映画祭プレス試写3日目

 

Ten Years

映画そのものより、この映画がそこまで話題になっている状況が興味深い。イギリスから中国に移った香港、やっぱり、しんどいのかなあ。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/hktenyears

 

Down Under

大味なドタバタコメディが悲惨なことになって驚くうちにセンチメンタルに締められちゃった。

 

 

第24回レインダンス映画祭開幕に移動

Problemski Hotel マニュ・リッチー監督&スティーヴ・ホーズ(脚本家)登壇

開幕映画は密入国者の収容施設を舞台にした人間ドラマ。問題はシリアスだけど、普通の人としての可笑し味もあってバランスの良いドラマになってる。

公式サイトhttp://www.problemskihotel.be/site/chapter/item/188

 

ウィル・シャープ新作コメディ

日系英人ウィル・シャープ監督新作コメディFlowersがチャンネル4で昨日から始まった。シャープ監督も登壇したBlack Pond(レインダンス映画祭でのワールドプレミア)を観たのはもう4年前になるのか…Black Pondで BAFTAノミネートされたシャープ監督は一躍期待の新人になった。

珍発明家の息子にサイコな娘、ウツなお父さんにボケかかったおばあちゃんのフラワー家を回していくお母さんをオリヴィア・コールマンが演じる。コールマン、こないだのThe Night Manegerにも出てた。ほんと売れてる。

俳優でもあるシャープ監督は、娘には奴隷、お母さんからはジャパニーズエンジェルとも言われたりする変な日本人役。下宿人なのだろうか、自然に家族に混じって居る。Black Pond同様ちょっとダークな風味もあるコメディで好み。

公式サイトhttp://www.channel4.com/programmes/flowers/episode-guide

第23回レインダンス映画祭閉幕

閉幕映画

Reality ジョナサン・ランバート&グレゴリー・バーナードQ&A

クエンティン・デュピュー監督のシュールなコメディ。シュールすぎて笑い損ねた。

公式サイトhttp://www.ifcfilms.com/films/reality/

第59回ロンドン映画祭試写10日目/第23回レインダンス映画祭開幕10日目

Wave Vs Shore

スロバキアニューウェイヴとして一時代を成した写真家たちのドキュメンタリー。そういうムーブメントがあったことさえ知らなかったけど、見たことがある写真もあった。遠い日本の、アートとかたいして知らない私にさえ届いてたとは、ほんとに大きいムーブメントだったんだなあ。

公式サイトhttp://www.vlnavsbreh.sk/

Lucifer

丸く切り取った画面で、のぞき窓から見てる感じが、寓話的なストーリーとマッチ。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/Lucifer-521773847864548/timeline/

レインダンスアワードセレモニー

インディペンデント映画祭は、セレモニー会場で映画関係者もプレスも映画祭スタッフも区別つかないのが困るような良いような。

第59回ロンドン映画祭試写9日目/第23回レインダンス映画祭開幕9日目

Don’t Grow Up

David Vaughan: Black on Canvas

Obon Brothers (お盆の弟) 大崎章監督挨拶

公式サイトhttp://obonbrothers.com/

今日は一番上のをロンドン映画祭試写で観て、外に出たら、おまわりさん。何だろうと思ったら、道の横にクラッシックなパトカーが展示してあった。警察もイベントみたいなことやるんだなあ。

レインダンスに移動して、デヴィッド・ボーンのドキュメンタリーから。サディ・フロストの父親が、こういう人とは知らなかった。60年代は鳴らしたアーティストだったのが、躁うつ病になって、亡くなった時は荒れたフラット暮らしというアップダウン。

最後は邦画で締め。白黒画面も良いし、役者も良い。渋川清彦、今回のレインダンスではもう1本出てたけど、あちらは調子のいいチンピラで、こちらはダメ男。そういえば昨年のもダメ男、そういう役にいい感じにはまる。光石研、渡辺真紀子もこのところの映画祭ではお馴染みの顔だ。

レインダンス出たら、横の通りの本屋に行列、テリー・ギリアムのサイン会だった。期せずして、いろんな催しに遭遇する1日となりました。

 


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

広告