Posts Tagged 'リカルド・ダリン'

第59回ロンドン映画祭9日目

Truman

ガンの延命治療をしない決断をした男(リカルド・ダリン)とその友(ハビエル・カマラ)を主人公にしたコメディドラマ。そういう状況なのに軽口をたたきあえる友人関係にグッとくる。ダリンは毎年のように何か新作を観てる気がするけど、カマラは初めて観たかも。冗談ぽい中に、時々感情があふれそうになる感じとか、2人ともとっても良い演技。トルマンは1人暮らしで闘病中の男の相棒みたいな犬の名前でした。2人に負けず劣らず良い演技のワンコ。

シャーロック第三弾終了とWhite Elephant

シャーロックのシリーズ3が終了。セブンのパクリみたいなシーンがあったけど、派手で面白かったのでOK。シリーズ4がなきゃおかしいという終わり方で、あとはそれを待つのみ。

公式サイトhttp://www.bbc.co.uk/programmes/b018ttws

イギリスで昨年劇場公開された2012年のアルゼンチン映画White Elephantもテレビ放映。スリリング、パワフルな映画だった。

ブエノスアイレスのスラム街の聖職者が主人公。ホワイト・エレファントとは、その地区にある、病院になるはずが打ち捨てられて廃墟となった大きな建物のこと。殺しあいばかりで、建設的なことが何も進まない地域の象徴のようだ。

聖職者を演じるのが、瞳の奥の秘密のリカルド・ダリン。何かありそうに見える渋いおじさんなので、裏で悪いことしてる聖職者かと思ったら、ハズレ。抗争中のグループの間に入って、遺体を家族のもとまで運んだり、銃撃戦の中、逃げ惑う人々を助けたり、聖職者の域を超えたタフな仕事までこなす。病気らしいのと、自分の跡を継いでくれる若い聖職者を連れてくることで、先が長くないのを冒頭から予想させる。それでさえ、あっけなく思える意外な最後が、余韻を残して良い。

その主人公が心の支えにしているのが、カルロス・ムヒカという実際にいた聖職者。地元民のために働いて死んだ人らしい。ほんとに身を捧げた人がいたんだなあ。

トレイラーhttp://www.youtube.com/watch?v=2J04Govv6ZI


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ