Posts Tagged 'フランク・ランジェラ'

試写8日目 パンクじいさん

ロンドン映画祭試写8日目 ()内は映画祭カテゴリー

Robot and Frank  (Love)

フランク・ランジェラがロボットと見つめあう写真だけみて、名優がハイテクロボットにびっくりするドキュメンタリーかと思ってたら、近未来フィクションだった。フランクがやる役がフランク。まぎらわしい。介護ロボットをプレゼントされるような、ボケ気味のおじいさんと見せて、なかなかやるけど、何をやるのかはお楽しみに。コミカルに進みながら最後はグッとくる。

公式サイトROBOT & FRANK

素敵な相棒 – フランクじいさんとロボットヘルパー –として2013年8月10日より公開決定(2013年8月8日追記)

Beware of Mr. Baker  (Documentary Compatition)

こちらのおじいさんもすごい。怒り狂って杖を振り回し、ディレクターらしき人を流血させるシーンから始まる。このおじいさんがジンジャー・ベイカー。天才的ドラマーには違いないけど、あまりに無茶苦茶で、元クリームのドラマーです、なんてバンドメンバー募集広告出すまでに落ちぶれるのが泣かせる。エリック・クラプトンはもちろん、ジョン・ライドンとかも出てベイカーについて語る。最近はCMに出ちゃったりしてるライドンが全然まともに見えるベイカーのひどさが楽しい。なんて他人事だからだけど、息子とか、ちょっと可哀想なくらい、身内にもひどい。

公式サイトBeware of Mr. Baker

Grassroots  (Laugh)

草の根運動の実話が基。ラフ・カテゴリーだけど、そこまでコメディでもなく、どちらかというといい話系。

公式フェイスブックGrassroots | Facebook

ベルリン9日目、10日目メモ

9日目

The Forgiveness Of  Blood コンペ 試写

家の名誉みたいなものが大事なアルバニアのお話。殺人が家と家の抗争になって、お兄ちゃんとお姉ちゃんと弟がいる家に普通に銃弾が打ち込まれたりする。次の家督の長男が狙われて学校に行けない時に、クラスメートからがんばってみたいなビデオレターが送られてくる、周りが日常として受け止めてる感じにびっくり。

試写と試写の間に、家族Xの吉田光希監督インタビュー。ベルリンにくる若い日本勢はみんなすごいなあ。日本の映画界の将来は明るいぞ。

Unknown(邦題アンノウン)  コンペ 選考外上映 試写 会見

リアム・ニーソンとか、フランク・ランジェラとかそうそうたるメンバーで期待したけど、あらまあ、びっくり。不必要にすごいカーチェイスとか、大爆発とか、みんな大笑いで拍手しながら見てました。ラジー賞候補?途中からサスペンス仕立ての筋立てを追うのがバカらしくなってきたほど。

ハラハラしたのは会見。こんなんでリアムとかきたら可哀想とか、妙な心配しちゃたけど、会見に出たのはダイアン・クルーガーとかドイツ勢。そっか、ドイツがハリウッド的エンターティメントを狙って作ったわけね。心配したほど酷い質問もない和気藹々の会見。地元だし、エンターティメント映画に目くじらたててもって感じ?

公式サイト UNKNOWN

10日目

結果発表見て、受賞者会見に出席。思ったとおりの結果。ストーリー、テーマ、役者と全てが上手くて、構成のしっかりしたドラマだったイラン作品が金熊、アート性の高かったハンガリーのが銀熊。イランが大変そうなのはパナヒ監督判決でもわかるけど、ハンガリーも大変そう。海外の映画界を取り巻く状況も勉強しないとな。

明日、映画上映のみの日をもってベルリンは締め。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ