Posts Tagged 'ピーター・マラン'

みんな、がんばってたのね

昨夜、深夜のテレビでThe Big Man(邦題スピリット 傷だらけの栄光だって)を見た。

主役がリーアム・ニーソンで、脇にはヒュー・グラントやピーター・マラン、おもしろいとこではビリー・コノリーまで出てる。ニーソンとグラントはそれぞれシンドラーのリストフォー・ウェディングでブレイクする少し前だし、マランやコノリーも今ほど有名じゃなかった頃だ。

ゆるめのストーリーに、音楽も今聞くとわざとらしいと言おうか、大げさで、乗れない感じだけど、ブレイク前のみなさんは、今とはそれほど変わらない、いい演技。作品的にはイマイチだけど、みんな、ドカンとくる前から、それぞれがんばってたのねーと、ほのぼの見てしまった。

イギリス勢いっぱいなのがうれしいハリポタ

ロンドン発 俳優・映画情報ハリー・ポッターと死の秘宝Part1があがりましたので、よろしく。

ハリポタはコテコテのハリウッド大作ではあるけど、撮影地もキャスト、スタッフもイギリスのいいとこがいっぱい出てくるのがうれしい。

今回のハリポタ出演陣の中でもリス・アイファンズのことを書いてて、ピーター・マランとニック・モランの名前もあげた。

マランについては10月に書いてるけど、モランもここに書いておこうっと。ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズの主演で有名な俳優だけど、監督としても、なかなか。

映画監督デビューのTelstar(公式サイトTELSTAR THE MOVIE – OWN IT ON DVD 28.09.09)は、ヒット・メーカーとなるも最後は殺人まで犯してしまう(最近、アメリカでもいましたね)ジョー・ミークの実話を基にして、リバティーンズのカール・バラーとかも出てる音楽もの。波に乗ってる時と、うまくいかなくなってからの危なくなっていくミークを演じるコン・オニールが圧巻。この人は舞台のテルスターでも同じミーク役をやってる。

続いてのThe Kidsも、ひどい家庭内いじめにあってた少年の実話を基にした映画。ここでもコン・オニールが父親役で出てるほか、トム・バークも両方に出てて、モランお気に入り俳優らしく、若いけど上手い。テルスターではボケたとこのあるバンドメンバー、ザ・キッズでは事なかれ主義のお役所の人を、いかにもいそうな感じで演じてる。

両作ともストーリーは暗いけど、音楽の使い方とかがかっこよく、ちょっとガイ・リッチーの影響を受けてるようなとこも見える。まだ大傑作とまではいかないけど、悪くない。

ロンドン映画祭からのお勧め作品

昨日で終わったロンドン映画祭、全部で50くらいは見たかなーの新作映画の中から、これはよかった!というものをご紹介していきたい。

一番のお気に入り Neds/ネッズ(原題)

もともとシェーン・メドウズやアンドレア・アーノルドが好きなので、その系統、しかもきわめてよく出来てるこれが個人的には最高賞。ワーキングクラスのタフな少年期が説得力を持って描かれているものにはグッとくる。

監督の自伝的な映画に出来の悪いものはあまりない。独りよがりになってない場合に限ってだけど。個人的なことをちゃんと作品に昇華させるのは、年季入ってるとか、ちゃんとその方面のお勉強してるとか、意外に地道なことのような気もする。そりゃ才能は必要だろうけど。自身の父親のアル中ぶりを演じているほか、監督/脚本も務めたピーター・マランも長い俳優歴、監督歴あっての本作と思う。

オスカー候補 The King’s Speech/ザ・キングズ・スピーチ(原題)

ジェフリー・ラッシュ助演男優賞も有力だし、いろんな部門でノミネートされそうだが、コリン・ファースの主演男優賞を一押し。

一昔前に流行った三高という言葉が浮かぶコリン・ファース。女性が男性に求めるものとしてあげた、高身長、高収入、高学歴という、あれね。

ちょっと見上げるくらいの長身、正確な年収は知らないけど高収入であることは間違いない。大学で教える両親の元に生まれ、本人も世界的に知られたイギリスの芸術大学のドラマコースで学んでいる。三高とは関係ないけど、ついでに奥様も才色兼備。今回のイギリス国王役もピッタリの威風堂々。

それなのにエリートにありがちな冷たい感じがしない、というのがポイント。だいの大人、しかも国王が子どもみたいに泣くようなシーンにも、ちゃんとはまる。これだけ良さが出せる役、売れっ子と言えども、そうは来ないだろうから是非オスカーをあげて欲しい。

ほかにも、いいのがいろいろあったので続きは明日。

成功する俳優、監督には可哀想な子が多いのか?

ロンドン映画祭、試写+会見、一般上映+Q&A

The First Grader/ザ・ファースト・グレーダー(原題)

公式サイトThe Movie – The First Grader

84歳で小学校に入学して勉強を始めたケニアの元戦士キマニ・マルゲの実話。世の中には、すごい話が、いっぱいあるんだなあ。主役のマルゲを演じたオリヴァー・リトンドという人は、84歳よりは若いみたい。そりゃそうか。

その後、おじいさんと草原の小学校という邦題で7月30日から日本公開決定。(2011年4月11日追記)

Abel/アベル(原題)

公式サイトAbel | INICIO

ディエゴ・ルナの初長編監督作。少年を主人公にした家族のお話。父親が出て行ったショックで精神的にダメージを受けちゃった可哀想な男の子だけど、コメディタッチで笑いながら見られる。

こないだのピーター・マラン監督のNedsに続いて、ディエゴもこんなひどいお父さんを持ってたのか、いい監督/俳優には、ひどい父親は不可欠?と思ったら、そうじゃなくて、子どもを持ったディエゴがこんな父親にはなりたくないというものを描いたというので一安心。でも2歳で母親を亡くしてるそうで、それはそれで可哀想。

Nedsのピーター・マラン

ロンドン映画祭試写

Neds/ネッズ(原題)

上手いなあ、ピーター・マラン、監督としても、俳優としても。

聡明な主人公なのに、アルコール中毒の父親と不良の兄のせいで、学校でも、まともに扱われない。ラリって見た夢のシーンでのむっちゃバイオレントなキリストとか、サファリパークで動かなくなった車の中に教師に置き去りにされて、ライオンの中に歩いて出るシーンとか、主人公の状況のメタファーになってる。

マランのアルコール中毒オヤジ役、前にも見てるけど、邪悪で弱くて嫌らしくて、でも奥に可笑しいような可愛いようなところが覗く瞬間もあって、すごいリアル。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ