Posts Tagged 'ドミニク・ウェスト'

第66回ベルリン国際映画祭6日目

Soy Nero  試写

不法滞在して、アメリカの市民権を得るために、兵隊になるネロのお話。命がけだなあ市民権とるのも。

 

Genius 試写

会見:マイケル・グランデージ監督, ジュード・ロウ, コリン・ファース, ガイ・ピアース, ローラ・リニー, ジョン・ローガンプロデューサー

作家トマス・ウルフ(ロウ)を見出す編集者マックスウェル・パーキンズ(ファース)がメインで、そこにスコット・フィッツジェラルド(ピアース)が絡み、アーネスト・ヘミングウェイ(ドミニク・ウェスト)も少し出てくる。実在の作家たち、しかもそれぞれ濃いキャラ、の話なのが興味深い。

 

Chi-Raq 試写

会見:スパイク・リー監督, ジョン・キューザック, ニック・キャノン

シカゴにおける銃での死亡率の高さというシリアスなテーマを、コメディにしてラップに乗せて見せる。やはりオスカーボイコットの話も出た。

公式サイトhttp://www.officialchiraqthemovie.com/

 

広告

9.11、3.11

9.11関連のニュース、ドキュメンタリー、映画の放映が続くテレビ。

9.11からは10年だが、3.11からは半年ということで、来週は日本のドキュメンタリーもいくつかあるようだ。

今日は、ITVでAppropriate Adultの後半もあった。女の子十数人を殺した連続殺人犯フレッド・ウェストの実話を基にしたドラマ。妻のローズと共謀とか、被害者の中に実の娘もいるとか、気持の悪い事件だ。

フレッド役はドミニク・ウェスト。こないだまでThe Hourで演じていた伊達男とは真逆の野卑なサイコパスを熱演。その取調べに立ち会うことを警察に依頼された女性をエミリー・ワトソン。こちらも、レッド・ドラゴンでの盲目の女性役などで知られる、うまい役者さんだ。

フレッドが立会人を心理的に操作してしまうのが、すごかった。70年代から90年代までの事件だから、存命している関係者も多い。立会人の息子さんからドラマにクレームがあったとか報じられていたけど、そりゃ家族は嫌だろうなあ。

何かの事件で人生が大きく変わった人には、10年たとうが、20年たとうが、終わるものでもないのかも。

公式サイトAppropriate Adult – ITV1 Drama Premieres


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

広告