Posts Tagged 'チャンネル4'



日本政府に不信感、イギリス原発報道

昨日の自国民への避難勧告以来、英テレビの報道も変わってきた。福島原発の安全圏を、日本が言っている20キロから80キロに引き上げたイギリス政府の判断と同様、日本政府の発表を信頼していない。

BBCほかのテレビニュース番組に政府の科学顧問チーフ、ジョン・べディントンが登場し、状況が変わり、心配しているとコメント。変わった状況の1つが、ヘリから撮った写真でも確認された、爆発のダメージの大きさだ。アメリカは燃料棒が完全露出しているとし、日本はしていないと言っていることが、それぞれの20キロと、80キロという安全圏算出の違いらしい。露出した燃料棒の温度があがり続け、発火、爆発することが懸念されている。

そうなった際の被害の大きさは、専門家によって意見が分かれている。チャンネル4に登場した2人も、片方がそれほど大きくはないとコメントしている間に、もう一方が、とんでもないと首をふっているという具合。昨日の四方敬之(管首相のスポークスマンと紹介されていた)に隠していることはないかと問うインタビュー映像を再度流したりしていた。昨日はITVでも同様に問い詰められていた。

東京に人通りが少なくなったかわりに、飛行場、駅が混雑している様子など、東京でも避難が始っていることも報じていた。

イギリスの報道を見ている限りでは、80キロ圏外から出たほうがいいように思える。200キロくらいはあるそうだけど、万が一のために東京も離れた方が安心な気もする。

*上を書いた時には、私自身の不安もマックスだったと思います。気分に左右されて書いてしまい、フォールス・アラーム気味でした。今は、最悪の場合でもイギリス、アメリカの勧める80キロ外にいればいいのかなとも考えています。それを19日フォールス・アラームに書きました。

イギリスも避難をアドバイス

夕方からのBBC、チャンネル4などのニュースで、イギリスも在住自国民に避難をアドバイスしはじめたことを伝えていた。今、こちらの夜8時の英外務省サイトに出ていた文章はBritish nationals currently in Tokyo and to the north of Tokyo should consider leaving the area.現在、東京内と東京の北の英国民は、その地域から離れることを検討すべきだ、というくらいのニュアンスだろうか。日本のみなさんは、もう、とうに検討していたかもしれないが。

*上を書いた時には、私自身もかなり不安でした。気分に左右されて書いてしまい、フォールス・アラーム気味でした。アメリカやイギリスも、最悪でも80キロ外にいれば大丈夫と判断しています。それを19日フォールス・アラームに書きました。

地震のない国から派遣された記者に期待

昨日の夕方のニュースでチャンネル4の看板キャスター、ジョン・スノーが仙台からリポートしていたのをはじめ、日本に続々イギリスのジャーナリストが到着。今朝もBBCの女性リポーターが石巻から、ついさっき鳴り響いたという津波警報について緊迫した面持ちで伝えていた。

イギリスは地震のない国だ。全くなくはないが、この13年間にロンドンで体感した揺れは1回だけ。震度2、いや3だったかな。どちらにしろ、たいしたことない揺れが短い間続いて終わり。それでも、天地がひっくりかえったように騒いでいるロンドナー「地面がゆれたのよ!」と目を丸くしている生まれて初めての地震体験だったらしいご婦人などもいた。慣れていないだけに地震にすごくショックを受けるし、その感情を表にも出す人たちだ。

イギリスから行ったジャーナリストは、芯から怖がったり、緊迫したりしながら、驚愕の惨状を世界に広める役を果たしてくれるだろう。

と、上の部分は朝書いたのだが、地震の威力をイギリス人は、ほんとうには知らないのではと、ちょっと斜に構えてしまったかもしれない。夕方、ジョン・スノーとアレックス・トムソンのコンビでの仙台と気仙沼のリポートを見て反省。

それぞれ津波後の廃墟を訪れ、父母を、娘を流された人の話を聞き、車に残された手作りらしいサンドイッチが入ったパックを映し出し、崩壊した家のドア前にカバーをかぶされてある顔も名前も知れない遺体を遠くに見ながら「誰かの愛する人であったろう人」と、どこかにいて心配しているかもしれない家族、知人に思いがいくようなナレーションをかぶせる。

日本人には痛々しすぎるけど、それだけに、遠く離れた異国の、想像力のかなり乏しい人でさえ、自然の驚異だけではなく、そこで暮らす人のことが実体をもって思い浮かべられるようなものだった。

チャンネル4、法王にチャレンジ

昨晩、チャンネル4で、来英する法王の問題をあげたドキュメンタリーThe Trouble with The Popeを放映。

プレゼンターがピーター・タッチェルだった。

ロンドン・レズビアン&ゲイ映画祭などの催しのほかにも、人権関連の活動で、時々見かける活動家だ。

表向きホモセクシュアルに厳しい態度をとりながら、実際にはゲイの聖職者もいれば、教会に通う少年たちが神父による性的被害を受けるケースが度々報じられるダブルバインドを追及してた。

法王がコンドームの使用もよくないと言及していることも伝え、信徒の多いフィリピンの現状を映しながら、HIV感染の危険性も訴えていた。

ずっとカトリック教会のダブルバインドを非難してきた急先鋒タッチェルをメインにした番組を作るなんて、さすがチャンネル4、冒険野郎だ。

シェーン・メドウズ監督の映画の続編ドラマTHIS IS ENGLAND’86もチャンネル4だし、局の映画製作部門フィルム4では、メドウズ作品のほかにも、スラムドッグ$ミリオネアとか、いろいろ面白い映画も作ってる。なかなかカッティング・エッジな局なのだ。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ