Posts Tagged 'ダニエル・クレイグ'

テッド・ヒューズがウェストミンスター寺院に

テッド・ヒューズの名前と生没年、詩の一節が刻まれた石が、ウェストミンスター寺院のポエッツ・コーナーに納められた。

ヒューズといえば、シルヴィアで、ダニエル・クレイグがやってたな。夫人のシルヴィア・プラスの方が主人公で、グウィネス・パルトローがきれいだった。シルヴィアは同じく詩人で、夫の不貞にも悩まされ、自殺してしまう。死後、ピュリッツァー賞を受賞した。

やはりシルヴィアに感情移入して見たせいもあって、なんとなく敵視してたけど、その後、愛人の方も、ヒューズとの間の子どもと心中してた。そういうスキャンダルの影で、作品自体が正当に評価されてこなかったという意見を聞くと、ヒューズも可哀想かなとも思う。

しわもかっこいいレノックスと美女クレイグ

バーズ・アイ・ビュー映画祭がらみで国際女性の日のイコール・キャンペーン・マーチとスピーチ取材。

アニー・レノックス、髪の毛も白いし、しわもあるけど、かっこいい。ユーリズミックスの頃から、きれいだけど美人というより、かっこいいイメージがあった。朗々と歌い上げる力強い声とベリーショートのせいかな。56歳だって。しゃきっとしてるよなあ。娘2人も成人して好きなことが出来るって、やってるのが人権活動というのもいい。

キャンペーン・フィルムのダニエル・クレイグは、ごつい顔のごつい人のように思ってたけど、女装がいけてるのにたまげた。やっぱり、顔ちっちゃいし、無駄なお肉もついてないし、メイクしちゃえば美女になるんだなあ。肩幅に負けないくらいの巨乳でバランスとって、嘘の胸だとわかっててさえ、色っぽい。

サム・テイラー=ウッド監督は、ノーウェアボーイの前の短編作品やアーティストとしての写真/映像作品も見たけど、気持ち悪いもの映してさえキレのいい映像が気持ちいい。テレビCM位の短いキャンペーン・フィルムでもわかるキレのよさ。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ