Posts Tagged 'スティーヴ・ブシェミ'

薄幸そうな少年

まだ、レインダンス映画祭とロンドン映画祭開幕前プレス試写を行き来。

25日

Stronger (LFF)

ボストン・マラソン爆弾テロ・サバイバーの感動実話にジェイク・ジレンホール?と思ったが、トラウマとか、ヒーローに祭り上げられるジレンマとか、ドニー・ダーコナイトクローラーの病的ジェイク好きにはうれしい場面もあって納得。

http://www.strongerthefilm.com

ゴーストロード (RFF) プロデューサーQ&A

古き良きロカビリーをベタなオバケコメディーにまとめたのは狙いだそう。

http://ghostroads.jp

26日

Lean on Pete (LFF)

見るからに薄幸そうな少年、ひどいことが起こりませんようにと祈る様な気持ちになるがやっぱりひどいことになる。スティーヴ・ブシェミも相変わらず良い味。

https://www.curzonartificialeye.com/lean-on-pete/

Foxtrot (LFF)

レバノンインタビューしたサミュエル・マオス監督の長編ドラマ映画としてはレバノンに続く2作目。レバノンは実体験そのままのシンプルさがパワフルな戦場映画だったが、もう少しストーリー性のある、やはり戦場映画。強烈な体験をたくさんしてきたのだろうなあ。

http://www.the-match-factory.com/films/items/foxtrot.html

Noise  松本優作監督&キャストQ&A(RFF)

秋葉原無差別殺傷事件を題材にした群像劇。監督はじめキャストも自分と切り離さずに事件を見ていることが良い映画になった一因か。監督は24歳という若さ。たいしたもんだ。

http://noise-movie.com

 

 

マーティン・フリーマンのファーゴ

昨晩から、ファーゴが始まった。

いわずと知れたコーエン兄弟ファーゴのドラマ化。ドラマにも、コーエン兄弟はエグゼクティブ・プロデューサーとして加わってる。

映画同様に、「これは実際にあった話である」で始まるブラックなフィクション。ストーリーも役名も変えてあるので、映画を見ていてもネタばれ無しなのがうれしい。

映画ではウィリアム・H・メイシーが演じた主役、ドラマではマーティン・フリーマン。どちらも、なさけな系だけど、哀愁ただようウィリアムに、けっこうイケメンなマーティンと、役者の雰囲気の違いが、作品の雰囲気の違いにもなりそう。スティーヴ・ブシェミがやった殺し屋は、ビリー・ボブ・ソーントン。パッツン前髪で気持ち悪さを出してるのは、ノーカントリーの殺し屋のボブヘアみたい。

公式サイトhttp://www.channel4.com/programmes/fargo


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ