Posts Tagged 'スタンリー・キューブリック'

第58回ロンドン映画祭8日目

Whiplash 試写+会見

J.K.シモンズが指導者で、マイルズ・テラーがドラマーを目指す青年の、音楽鬼コーチもの。やみくもな青年の努力がジーンとさせるし、鬼コーチがひどすぎて笑える。デイミアン・チャゼル監督の自伝的映画だったのか。映画を見てる観客が、コンサートを聞いてる観客になるかのようなエンディングがばっちり決まってる。会見ではシモンズ、テラーのかけあいも面白かった。

渇き。の中島哲也監督インタビュー

小説からの映画化のことや、豪華キャストから振り切れた演技を引き出せた秘密など、いろいろ聞けました。

Mommy

グザヴィエ・ドランの新作。今回は出演無しで監督、コスチュームetc.裏方のみ。I Killed My Motherから一巡して、またお母さんに戻ったけど、今回の子どもはADHDでトラブルばかりのティーンエージャー。また、ものすごい熱量のパッションを見せる。こちらも、絶妙のエンディング。ドラン、若いのに、なんだって、こんなに達者なんだろう。後年、全てやりつくして、映画作るのに飽き飽きしてたというキューブリック監督みたいなことにならなきゃいいけど、なんて気の早い、余計なお世話な心配。

 

※レインダンス映画祭が始まる前頃に観てたHoudiniMAKE A NOISE! 第43回に書きました。観た新作を忘れないように書いてるブログに書き忘れたら処置無しだ。

 

 

試写1日目

今日からロンドン映画祭試写。()内は映画祭カテゴリー

Celeste and Jesse Forever (Laugh)

好感度大のラブコメ。

公式フェイスブックCeleste and Jesse Forever | Facebook

My Brother the Devil (First Feature Competition)

ベルリン映画祭で見逃したのをキャッチ・アップ。ストリート・ギャング×兄弟愛と思ったら、もう一ひねりあった。ひねりが効いたのかどうかが微妙。

公式フェイスブックMy Brother the Devil | Facebook

Room 237 (Cult)

ルーム237って、あのシャイニングの怖いお部屋の番号。バスルームの美女と思いきや…ギャーというあれです。そのシャイニング、コマ送り、逆回して微細に検証すると、アッと驚くことがいっぱい。もうーワクワク見ちゃいました。これだけ仕掛けたスタンリー・キューブリック監督も大天才だけど、その仕掛けを見つけた人もすごい。

公式サイトRoom 237


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ