Posts Tagged 'ジョン・ハート'

映画祭終盤

一昨日の参加イベント

The Night Watch/ザ・ナイト・ウォッチ

BBCで、もうすぐテレビ放映するドラマの先行上映で、関係者多数参加。戦時と前後のロンドンを舞台にした、男女、女女、男男の恋愛ドラマ。

リチャード・ラクストン監督は、一昨年のベルリンでイングリッシュマン・イン・ニューヨーク会見にも出てた。メインのジョン・ハートに注目してたから、あまり覚えてなくて申し訳ない気になる。

ハリー・トレッダウェイのほうは、エジンバラ映画祭時を覚えてるのはイケメンだったから?いや、フィッシュ・タンクでは、坊主頭みたいな短髪で気がつかないで見ちゃったから、イケメン認知も弱いな。見た目のまんま不良っぽい役もいいけど、今回のゲイの青年役も、なかなか上手い。

主演で、ハンサムな女性を演じるアンナ・マックスウェル・マーティンは、普通な感じが、逆に強みと思う。

サラ・ウォーターズ・イン・カンバセーション

上の原作者のトーク・ショー。処女作Thipping the Velvet/ティッピング・ザ・ヴェルヴェットもBBCで見た。ビクトリア朝の豪華絢爛な印象のレズビアン・ドラマで、BBCやるなあ、と思ったもの。ドラマチックなストーリーで背景も絵になるような、映像にしやすいものを書く作家みたい。同じくBBC放映の荊の城は、サリー・ホーキンスを原作者も大絶賛。

理由なき反抗 のもじりね

Rebels Without a Clue/レベルズ・ウィズアウト・ア・クルー(原題)

レインダンス映画祭試写

Rebel Without a Cause=理由なき反抗 をもじっていたのに今気がついた。そうだったのか。

こちらもティーンエージャーたちのお話。あの名作には遠く及ばないが、それでも音楽と映像がグッドで、そこそこ楽しめた。青姦する男女を盗み見ていた男の子2人が事件に巻き込まれる冒頭部分はハラハラさせて引きつけるし、危ない人の車に乗ってしまうヒッチハイカーも可笑しい。

イビザ国際映画祭で、いくつか受賞している。テリー・ギリアムとかジョン・ハートもパトロンになっているが、今年が4回目の新しい映画祭で、まだそれほど知名度はないみたい。ちなみに、イビザはスペインの島で、イギリスの若者がバカ騒ぎするリゾート地として有名。

公式サイトRebels Without a Clue – Independent film – Biffa Productions


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ