Posts Tagged 'オノ・ヨーコ'

敬老精神発動タイミング

グラストンベリー終了。

今年は物足りない感じだった。ストーンズはヨレヨレだったし、コステロは歌下手になったなあ。閉めのマムフォード・アンド・サンズと最初のアークティック・モンキーズは良かったけど、それぞれ初参加の年ほどの熱気はなかった。

でも、80歳のオノ・ヨーコが歌って踊るのが多少アレでもダメ出しする気は起きないのに、還暦くらいの皆さんには、まだまだダメ出したいのは何故だろう…とひらめいたのは、自分が60歳ではバリバリ働いてたいのだった。あんまりなパフォーマンス見せられると、寂しくなる。

2013年始まったと思ったら、もう半分が過ぎてた。この調子じゃ、還暦までもあっという間だろうなあ。

 

オノ・ヨーコのメルトダウン、Bo Ningenに行った。

メルトダウンは毎年行われるフェスティバルで、これまでにデヴィッド・ボウイとかもやったプロデュース、今年はオノ・ヨーコがやったのです。Bo Ningenのフリーライブ、行ってみたら意外にも良かった。

メンバー全部が長髪のドヨーンとしたビジュアル、フリーじゃなきゃ、たぶん行かなかった。ありがとうヨーコ。行っといて正解のライブが良いバンド。

へヴィーなサイケデリック・ロックで、かろうじて日本語らしいことはわかったけど、大音響過ぎて歌詞聞き取れず。でも大丈夫。どちらにしろ、客は大半イギリス人で日本語わかんないだろうし。ギュイーンギュイーンのギターに混じる甲高い声が魂の叫びっぽく、なんか通じる。細い手をくねくねさせるダンスに長髪もあってた。

歌詞にジーンとして好きになる曲が多いけど、歌詞どうでもいいというのも、ありだな。Bo Ningenとは全く別ジャンルだけど、歌詞なんて通じなくても丸っきりOKだった最たるものが江南スタイルだよね。イギリスのテレビで字幕ついてるの見たことない。でも、ガンナムスタイルとセクシーレディだけは、英語でばっちり伝わったのも勝因か。セクシーレディが肝心なとこだな。

Bo Ningenライブは20日で、今はテレビでグラストンベリー鑑賞。2日目までで良かったのはアークティック・モンキーズで、ガッカリだったのがローリング・ストーンズ。ストーンズ、ブーイング出てたような…ライブで見た人、どうでした?遅ればせながらツイッターを始めて、このブログもつないだので、呼びかけてみたよ。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ