Archive Page 2

数々のドキュメンタリー賞受賞更新中

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月22日

All That Breathes

動物を撮っているけど、よくBBCやNHKで放映されているような、自然の美しさに息を吞むタイプのドキュメンタリーではない。

灰色の空から落ちてくる鳥に、夜の湿った暗い路地に散らばるゴミに集まってくるネズミと、インド、デリーの汚れた空と土地に生きる動物だ。

それだけに、そこで自主的に鳥を診る3人組が心を打つ。少年の頃、落ちてきた鳶を獣医まで運んだ兄弟は、その鳥は肉食だからと断られる。宗教的な理由のようだ。独学で鳥の治療を学んだ兄弟にもう1人が加わった3人が、ガレージの地下を治療所として、主には傷ついた鳶を運び込んでは、治療を施していく。

劣悪な環境のなかで鳶を慈しむ3人、だが、公害もひどいが、治安も悪いデリー、治療所のある通りにまで暴動が迫ってくる。

環境問題、社会問題まで含みつつ、3人の人柄がにじむ人物ドキュメンタリーにもなっている。

既に複数受賞しているドキュメンタリー賞を、ロンドン映画祭でまた1つ増やした。

公式サイトhttps://www.allthatbreathes.com/

ホラーとあったけど、むしろアートな映画

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月22日

Enys Men

イギリスの島を舞台にした謎めいた話。

歴史がある島で、日々の観察を日課にしている女性が、異変を見つける。珍しい花だけなら、気候など自然の変化と思うところだが、自分の体にも変化が現れる。

途中から、現実なのか妄想なのか判然としない映像になっていく。

面白いかどうかは人によりそうだけど、芸術的、印象的ではある。

公式サイトhttps://www.bosena.co.uk/enys-men

ドラゴンで現実を焼き尽くせたらいいのに

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月21日

Blaze

レイプ殺人の場に、たまたま居合わせてしまった女の子を主人公にした物語。

女の子が負ったトラウマの話だが、この映画の特徴は、まだ小学生の女の子の想像力の豊かさだ。可愛らしく懐かしい陶器の動物がたくさん飾ってある部屋で、女の子はドラゴンと住んでいる。その想像世界がサイケデリックで面白い。

目撃者となった事件によって、部屋に閉じこもってしまう女の子、現実に戻ることはできるのか。

サイケなファンタジーと、惨い現実が、ブレンドされていくことで、独自の映画になっている。

公式サイトhttps://mk2films.com/en/film/blaze/

惜しいホラー?スリラー?

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月21日

NightMare

若いカップルが越してき集合住宅で、女性が眠ると怖ろしいことが起こる。自分たちで改築しながら住むのだが、その途中にも不審な出来事が続く。

という出だしが引きつけるだけに、最後の方が尻すぼみ。たくさんのことが回収されずに終わる。それがさらに恐怖を呼ぶならいいけど、そうでもない。スリラーといえる論理的な説明もないし、ホラーといえるほど論理を超えてもない。

女性の生理的な不安定?なら、それなりにリアリティがあったほうが、かえって怖いと思う。何か見逃したのかもしれない。そうだとしたら、伝わりにくい映画ということになる。

文句が言いたくなるのは、前半がかなり期待させるから。途中まではいいのになあ。もったいない。

公式サイトhttps://www.wildbunch.biz/movie/nightmare/

ひねりのあるLGBT映画

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月21日

Joyland

妻のいる男性が、トランスジェンダー女性のバックダンサーになる。そこに恋が芽生え、という話かと思いきや、最後にもうひとひねり。

そもそも妻と結婚したのもそういうことだったのかと納得するも、主要登場人物全員にとって悲劇だ。

舞台となっているパキスタンでの女性の位置を絡めながら、最後でやっと合点がいく展開が上手い。

理不尽なロバの生

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月20日

EO

イエジー・スコリモフスキ監督作。同監督のエッセンシャル・キリングをさらに理不尽にした感じ。

あちらでは、主人公のヴィンセント・ギャロが一言もしゃべらなかった。敵の中を逃亡する主人公、言葉でばれてはいけないから。

今回のは、そもそも人間の言葉はしゃべれないロバが主人公。文句も言えず、ただただ人間の都合でひどい目にあわされていく。時々赤く染まる映像もいい。

差別はびこる男社会カントリーミュージック界

Invisible: Gay Women in Southern Music

第36回BFIフレア: ロンドンLGBTQIA+映画祭  プレス試写 4月3日

記事にできました。

ロンドンLGBTQIA+映画祭で話題に!「Invisible:Gay Women in Southern Music」が暴いたカントリーミュージック界の闇

再現ドキュメンタリー

Framing Agness

第36回BFIフレア: ロンドンLGBTQIA+映画祭  プレス試写 4月1日

父親が亡くなった時に、女性だったと、初めて子が知った驚きのドキュメンタリーNo Ordinary Manのチェイス・ジョイント監督による再現ドキュメンタリー。

再現されるのは、カリフォルニア大学での研究ケース。演じるのもトランスジェンダーで、トランスジェンダーによるトランスジェンダー史になっている。

クレバーなドキュメンタリーだけれど、そもそもが凄い話をオーソドックスにわかりやすく撮ったNo Ordinary Manの方がインパクト大かも。

公式サイトhttps://www.framingagnes.com/

俳優の哀しさ

Boulevard! A Hollywood Story

第36回BFIフレア: ロンドンLGBTQIA+映画祭  プレス試写 3月30日

グロリア・スワンソンのドキュメンタリー。

かつての栄光を忘れられない女優が主人公のサンセット大通りで知られる。

実際のスワンソンにも、その映画みたいな出来事があったとは。

公式サイトhttps://automatpictures.com/boulevard/

なぜ今のあなたになったのか

North by Current

第36回BFIフレア: ロンドンLGBTQIA+映画祭  プレス試写 3月27日

前年の6月にシェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭で試写したものを、また観た。

誰もが、何がしかの理由で、今のその人になっている。姪の不審な死によって、何気ない家族の風景だったものが重い意味を持っ。なぜ、そんな人になっていったか。考えさせられる。

記事にできました。

監督自身の家族内で疑われる殺人を追ったドキュメンタリー映画「North by Current」の見どころ

公式サイトhttp://www.northbycurrent.com/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ