Archive for the '青春映画' Category

第32回BFIフレア: ロンドンLGBTQ+映画祭

今年からQ+(クエッショニングとそのほか)がついた映画祭、3月21日から4月1日まで開催。

3月22日

Love, Scott プレス試写

ゲイということで襲撃を受け車椅子生活となった青年スコットのドキュメンタリー。

https://www.facebook.com/lovescottfilm/

My Days of Mercy 開幕映画再上映

エレン・ペイジ、ケイト・マーラとも、らしい役。死刑制度を考えさせる家族ドラマ兼恋愛ドラマ。

https://www.facebook.com/MyDaysOfMercyMovie/

26日

A Deal with the Universe プレス試写

こないだまでお見かけしていたこの映画祭の元プログラマー、ジェイソン・バーカーが監督となり、自身の女→男→女となっての妊活を撮ったドキュメンタリー。

29日

Southern Pride プレス試写

過去にも良ドキュメンタリーで度々この映画祭に参加してきたマルコム・イングラム監督の新作は保守的なアメリカ南部でのゲイバーを中心にしたコミュニティーの活動記録。

https://www.facebook.com/SouthernPrideDocumentary/

Going West 一般上映

女装家である父と、その息子である青年とのロードムービー。笑いもあって、じんわりくるとこもある良ドラマ。

https://www.levelk.dk/films/going-west/3529

Freak Show トゥールディ・スタイラー監督登壇付き上映

個性的すぎるゲイの少年が案の定学校でいじめられて…。良くも悪くもアメリカ学園ドラマ。スティングの妻でもあるトゥールディ、元気なのはヨガのたまものか。

http://www.ifcfilms.com/films/freak-show

後日オンライン試写

The Revival

信仰との葛藤ドラマ。 あそこまでカタストロフィックな落ちにしなくても…。どうなる?どうなる?で最後まで興味をつなぐのは上手い。

Becks

時間切れで途中までしか観れなかったけど、ユーモアがあってサバサバしてる主人公が好感持てるロマコメ。

https://www.becksmovie.com

広告

日本の大御所と新人監督

21日 第68回ベルリン国際映画祭7日目

 

My Brouther’s Name Is Robert and He is an Idiot プレス試写

3時間近い作品、次の試写のため、最後は観られず。とっても近しい双子の男の子と女の子のお話。思春期の二人の近さが危ない感じもあるけど、どう終わったかなあ。

 

予兆 散歩する侵略者 プレス試写、記者会見(黒沢清監督)

ちょうどこの日、出演してる大杉漣さんの訃報が伝わり、驚く。

http://yocho-movie.jp/

 

Unsane 記者会見(スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョシュア・レナード)

予兆の会見と重なり、試写できず。もうすぐ公開だからイギリス帰ってから観ようかな。

 

あみこ 山中瑶子監督Q&A付き上映

20歳の監督さん、勢いある。高校生を等身大で描けるのも歳近いせいか。

 

 

 

 

 

少年少女から爺婆

18日 第68回ベルリン国際映画祭4日目

 

The Prayer プレス試写

矯正施設としての教会。信仰か愛か、というと大げさだけど、若い人たちなのでそこまで重くない。

http://www.le-pacte.com/france/prochainement/detail/la-priere/

 

Daughter of Mine プレス試写

あばずれな実の母か、堅実な育ての母か。ステレオタイプのようだけど、けっこうみせる。

 

The Real Estate プレス試写

老人の逆ギレみたいな話。コメディーならいいけど、シリアスなので困ってしまう。

第31回ロンドンLGBT映画祭

3月16日から26日まで開催、観られたのをざざっと。

 

After Louie

時代は移り、人は歳をとる、というのをゲイの活動家を主人公に。

http://www.afterlouie.com

 

The Handmaiden

オールド・ボーイの監督が荊の城ではじけた。

http://www.handmaidenmovie.com

 

Southwest of Salem

冤罪ドキュメンタリー。魔女狩りならぬレズビアン狩り。

http://www.southwestofsalem.com

 

The Center of My World

悩める可愛いいティーンがトワイライトっぽいゲイもの。

http://mitte-der-welt-film.de

 

Signature Move

モスリムのレズビアン女性×レスリングのコメディー。

https://signaturemovemovie.com

 

Handsome Devil

タイトルから予想したのと違って軽めの学園ものだった。SHERLOCKのモリアーティー役でブレイクしたアンドリュー・スコットの教師役は良い。

 https://twitter.com/handsomefilm

 

Orlando

サリー・ポッター監督による1992年の映画を25周年記念上映。こういう性別不明/人間じゃないような役やらせたらデヴィッド・ボウイかこの方、ティルダ・スウィントン。でも、顔小っちゃくて首と手足が長い宇宙人的肢体の中、意外とお尻が大きいのをヌードシーンで再確認。Young Adam(邦題猟人日記)の疲れたおばさん役みたいなのができるのもそこか。

 

Don’t Call Me Son

実は母親と血がつながっていなかった息子に、もう一ひねりあるドラマ。けっこう大問題なところをすっと流して息子の生活を追ったのが成功。

https://zeitgeistfilms.com/film/dontcallmeson

 

Terry Pines

心の病を持つ母親に育てられた女の子のセクシャリティーにまつわる実話を、サラッとしたアニメにしてある。がっつり実写ドラマで観たい気もするけど、そしたら重すぎ?

https://www.torreypinesfilm.com

イギリスのティーンと日本のティーン

第60回ロンドン映画祭プレス試写5日目

Spaceship

新感覚の若者映画。大人と子供の中間にいるような子たちが、空想と現実の中間くらいで生活してる感じ。一方で、ミリタリーも身近にあり、ラリってふらふらしてるか、ミリタリー行くくらいしか若い人の選択肢がないイギリスの地方の雰囲気もちゃんとある。現実に着地したようで、そうじゃないとこを残してるのが良い。アレックス・テイラー監督、期待の新人のようだ。

公式サイトhttp://www.ifeatures.co.uk/spaceship2.html

 

レインダンス映画祭に移動

イノセント15 

こちらはきつい生活の中にいる日本の15歳が主人公。作品の完成度はまだまだでも、主演の男の子と女の子が説得力ある。

公式サイトhttp://innocent15.toca.tokyo

アイルランドの新人監督作

第60回ロンドン映画祭プレス試写1日目

 

A Date For Mad Mary

新人監督賞ノミネート作。けっこうとれそうな気がする。まだ試写1本目だけど。マッドなメアリーがマッドな理由は…。アイルランド映画って、いいのが多いなあ。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/ADateForMadMary

 

Chasing Asylum

あまりにも非人道的なオーストラリアの難民収容施設のドキュメンタリー。

公式サイトhttp://www.chasingasylum.com.au/

 

The Dreamed Ones

実在の詩人パウル・ツェランとインゲボルク・バッハマンの悲恋を、2人の手紙を俳優が読み上げる形で描く会話劇。両親が強制収容所で亡くなったパウルは、インゲボルグの親がナチ側にいたことを知り、許せず…

公式サイトhttp://www.diegetraeumten.at/e/15-en/

第30回ロンドンLGBT映画祭7日目

Sworn Virgin

去年のベルリン・コンペ作がロンドン映画祭にも来てたのに両方で見逃し、ようやく、ここで観れた。タイトルとなったアルバニアの風習が興味深い。レズビアンのようで、そうでもなさそうな主人公、これからどう生きるのか気になる。

公式サイトhttp://www.the-match-factory.com/films/items/sworn-virgin.html

 

Barash 一般上映 ミハル・ヴィニク監督登壇

女の子のカミング・オブ・エイジもの。女優じゃない女の子を探したというのが功を奏してる。フレッシュでリアルな女の子たち。プレスセンターにLGBT映画祭ではほとんど見かけないちびっ子連れのお母さんがいるなあ、自由人っぽいお母さんだなあ、と思ってたのが監督!登壇も子連れで微笑ましかった。

 

Women He’s Undressed 一般上映

ベティ・デイヴィスやマリリン・モンローの映画衣装で3度もアカデミー賞を受賞し、若き日のケーリー・グラントの恋人でもあったオリー=ケリーのドキュメンタリー。そんな凄い人なのに全然知らなかった。ケーリー・グラントが、表立ってほしくなかったらしい。大スターのグラントのゲイ恋人、しかもグラントがエスコートで稼いでいた時代を知っているとくれば、そりゃそうか。でも、ダークなハリウッド裏話風ではなく、ちょっとコミカルに見せてるのが上手い。

公式サイトhttp://www.womenhesundressed.com/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

広告