Archive for the '奇妙な味系' Category

2017サンダンス・ロンドン プレス試写2日目

一昨々日は試写4本後、テレビでFargoシーズン3

 

Chasing Coral

30年で50%が死んだというサンゴ礁のドキュメンタリー。生態系がガタガタになりそうな恐怖がヒシヒシ。地球温暖化は海にも大ダメージと、世の中にサンゴ・オタクという人がいることを初めて知った。

公式サイトhttp://www.chasingcoral.com

 

The Incredible Jessica James

悪くない軽めのラブコメ。

 

Icarus

ロシアの国をあげてのスポーツ界ドラッグ汚染の内部の人のドキュメンタリー。今はアメリカで匿われてるそう。そりゃ、ここまで明かしたらやばいわな。

公式サイトhttp://www.icarus.film

 

A Ghost Story

人は皆死ぬ。けど、思いは残る。 ドラマチックに盛り上げてないのが好ましい。ケイシー・アフレック&ルーニー・マーラのカップルが良い。

公式サイトhttps://a24films.com/films/a-ghost-story

 

Fargoシーズン3

主人公がいつも小市民的なのが良かったファーゴ、今回はそうじゃないのが不満。来週も観るけど。

公式サイトhttp://www.channel4.com/programmes/fargo

広告

第67回ベルリン国際映画祭2日目

昨日2日目は

 

On Body and Soul 試写

風変わりなロマンチックストーリー。それぞれ牡鹿と牝鹿になってる夢を見続ける他人同士の2人。一緒に草食べたりとか見てる内容も同じ。女の人の固い感じとか、男の人の年寄り加減とか、ただただ甘い話にしてないのが勝因。

 

The Dinner 試写 会見

豪華出演者ではあるけど。

 

T2 Trainspotting 試写 会見

中身はほとんど変わらないまま、歳とっちゃったキャラたち。

異色作

第60回ロンドン映画祭開幕6日目

 

Arrival

パーソナルなことがエイリアンとのコミュニケーションと連動してるようなのや、謎のまま終わるとこがコンタクトと似てるけど、さすがにCGは全然発達してる。

公式サイトhttp://www.arrivalmovie.com

 

The Giant

エレファント・マンみたいな障害を持った男性が主人公。金属球でやるビー玉遊びに似たゲームと、心の病で1人で暮らす母に会うことがなぐさめ。

それがリアルとファンタジー(男性の心の中?)とを行き来して、独特の物語として編まれていく。リアルでは悲しい結末が、別の世界ではハッピーエンドなのが泣かせる。ほんとうに今回の新人監督賞候補は観るもの観るものみんな良い。

 

Goldstone

有力者がグルで悪事を働く町にアウトローの刑事がやってきて…というあらすじに新味はないけど、けっこうスリルを楽しめるオーストラリア映画。

Liltingのチェン・ペイペイや、Charlie’s Countryのデヴィッド・ガルピリルとか、脇が味わい深い。

公式サイトhttp://goldstonethemovie.com

イギリスのティーンと日本のティーン

第60回ロンドン映画祭プレス試写5日目

Spaceship

新感覚の若者映画。大人と子供の中間にいるような子たちが、空想と現実の中間くらいで生活してる感じ。一方で、ミリタリーも身近にあり、ラリってふらふらしてるか、ミリタリー行くくらいしか若い人の選択肢がないイギリスの地方の雰囲気もちゃんとある。現実に着地したようで、そうじゃないとこを残してるのが良い。アレックス・テイラー監督、期待の新人のようだ。

公式サイトhttp://www.ifeatures.co.uk/spaceship2.html

 

レインダンス映画祭に移動

イノセント15 

こちらはきつい生活の中にいる日本の15歳が主人公。作品の完成度はまだまだでも、主演の男の子と女の子が説得力ある。

公式サイトhttp://innocent15.toca.tokyo

さすがのジブリと変な2作

第60回ロンドン映画祭プレス試写4日目

 

The Red Turtle (レッドタートル ある島の物語)

シンプルな絵がアーティスティックなジブリ作品。日仏ベルギー合作というので納得。タイトル見て浦島太郎の映画化なのかと思ったら、ヒネリがあってユニバーサルな物語になってる。

公式サイトhttp://red-turtle.jp/sp/index.html

 

Wild

思いがけず近所で見かけたオオカミに恋する女性の話。途中、職場情事みたいな場面もあって、オオカミ経由で性的にワイルドって話かと思いきや、真正野生な女だった。野生になっていくスピードが速過ぎて、抑えたほうがもっと良い映画になったのではという気もするけど、エロ映画としてこういうのが好きな人もいそう。

 

Indivisible

可愛い双子の歌う姉妹が主人公。見るからにすぐ切り離せそうなふうに腿のあたりがつながってるという設定で、手術してほしい彼女らと反対する父親。って変な話だけど、可愛い双子の熱演で許されるんだろうな。インディアンのコスプレで歌ってたリンリン・ランランという双子歌手がいたなーなんて懐かしいことを思い出した。

 

コンペ選出のブラピ・プロデュース作が良品

第60回ロンドン映画祭プレス試写2日目

 

Christine

長編監督デビュー作Afterschoolが主演のエズラ・ミラーとともに印象的だったアントニオ・カンポス監督の3作目。生放送中に自殺したテレビ・リポーター、クリスティーン・チュバックをレベッカ・ホールが迫真の演技でみせる。

 

Moonlight

リトルと呼ばれた小っちゃな黒人の男の子の半生を、ひょろっとした少年、金歯と金鎖のごつい青年の3段階でみせる。いじめられっ子がタフな生活環境下、こわいあんちゃんになったのかと思いきや、ごつい体の中にはまだリトルがいるとわかる最後が号泣もの。ブラピ(今日の離婚報道にはびっくり)がプロデュースのコンペ作。同じくコンペ作君の名は。の強敵になるか。

 

Mimosas

砂漠のキャラバン隊を助けるミッションを果たそうとする青年の話。現実?とファンタジー?なのか2つの世界を行き来する不思議な話。

 

 

サンダンス映画祭ロンドン開幕、試写、インタビュー

Tallula

一昨日、最後の20分ばかし観たのを今日の試写では最初から。でも、今度は30分で 下の試写に移る。結末を知っていてさえ面白いほどでもなくパス。エレン ・ペイジ主演も良くて、悪い映画ではないけど。これが今晩の開幕映画。

 

The Greasy Strangler

ということで上の30分遅れで始まったこちらは、おそろしく気持ち悪いけど眼を離せなくなる強烈悪趣味コメディー。ベン・ウィートリーにイライジャ・ウッドとプロデューサーもなかなかすごい。ジム・ホスキング監督の異能は認められているのだな。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/greasystrangler

 

インタビュー

水色縁丸眼鏡にゆったりしたしゃべりが雰囲気のあるWiener-Dogトッド・ソロンズ監督、弾むような話し方からして若いGoatアンドリュー・ニール監督。どちらも一昨日試写の良作。

 

Author:   The JT LeRoy Story

近年、最大の偽物事件らしい。娼婦の母の下、周りの大人たちからの虐待で、男にも女にもなって身を売る美しい少年 JTリロイ。自伝的小説で一躍時の人となった作家が実は…知らなかったので驚きを持って観たけど、リアルタイムで知ってた人には今さらかも。アメリカの事件なので、アメリカ以外の方が知られてない分だけ映画は受けそう。

公式サイトhttp://dogwoofglobal.com/author-the-jt-leroy-story


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ