Archive for the 'ヒューマンドラマ' Category

ホラー味ある子宝話 Willow

第28回レインダンス映画祭  プレス試写

11月7日(土)

中世1つ、現代2つのオムニバス風な子宝話。

最初の話が、子に恵まれないカップルが呪術師みたいな老婆を訪れるも…とちょっと怖い方向にいく。

現代になって、妊活話、養子もらう話と進んだところで、冒頭の怖さとストーリーが繋がる。

でも、スーパーナチュラルにしないでも、妊活とか養子って怖いことありそう。

公式サイトhttp://manchevski.com/filmography/willow/synopsis/

二次被害 Force of Habit

第28回レインダンス映画祭  プレス試写

11月6日(金)

様々な女性を主人公にした短編を繋いだ映画。

パーティーの席で、上司に言い寄られたことを、近くにいた数人に明かす女性社員の話が印象に残った。

同情されるかと思いきや、反発を食らう。中の1人が、いかにも親身に心配するフリをして、言う場所を選ばないと不利になるとアドバイス。その実、黙らせようと脅しているわけだ。いかにもありそうで、じんわり怖い。

公式サイトhttps://www.tuffifilms.com/production/force-of-habit

アイディアは面白いのに Materna

第28回レインダンス映画祭  プレス試写

11月1日(日)

同じ電車に乗り合わせ、ある出来事に遭遇した4人の女性それぞれのストーリーがオムニバス風に描かれる。

ショッキングな出来事で引きつけるのに。

人種とかセクシュアリティへの問題意識があることはわかるけど、それぞれのストーリーは今一歩。

いろいろ惜しい。新人監督さんだそう。

公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/maternathemovie/?hl=ja

エホバの証人体験者が描いた Apostasy

10月24日(土)テレビ(BBC2)でApostasy鑑賞。

2017年のロンドン映画祭で、IWCシャフハウゼン映画制作者奨学金賞、5万ポンドを獲得したダニエル・ココテイロ監督長編デビュー作。脚本も書いている。

監督はイギリスの新人、出演者もイギリスローカルで、地味な映画ながら評価は高い。

エホバの証人の信者一家が主人公。熱心な母と娘2人、悲劇としか言いようがない状態になるのに_

信者の生活や、内部組織の様子など、やけにリアリティーがあると思ったら、監督自身その中で育った元信者だった。そうでなければ書けない話。

公式サイトhttps://www.curzonartificialeye.com/apostasy/n

一味違うパーティー映画 Lovers Rock

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月17日(土)

Lovers Rock

今回の映画祭で2本目のスティーヴ・マックイーン監督作。もう1本Mangroveと同じくSmall Axeという5連作中の1本。
パーティーを開く若者たちというとラブコメかと思うけど、一味違う。
音楽の熱が、恋の熱、怒りの熱、いろんな感情を乗せて、伝える力が圧巻。

公式サイトhttps://www.bbc.co.uk/programmes/m000prjp

カオスなメキシコ New Order

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

New Order

メキシコの豪邸で行われる結婚式に武装グループがなだれこむ。犯罪ものかと思いきや、式をあげていた富豪たちと、そこで働く使用人たちの階級差、果ては武装グループを制圧するかたわら政治力を強める軍隊の話になり…

ちょっと、ついていくのが大変。

公式サイトhttps://videocine.com.mx/peliculas/nuevo-orden/

ゴールデングローブ作品賞&監督賞 Nomadland

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

Nomadland

ノミネートを受けて記事としましたが、結果は作品賞&監督賞受賞! この勢いでオスカーも?

ゴールデングローブ主要部門にノミネート!高齢漂流労働者のリアルを描いた傑作「ノマドランド」が3月26日から公開

公式サイトhttps://www.searchlightpictures.com/nomadland/
日本版サイトhttps://searchlightpictures.jp/movie/nomadland.html

ドクター・フーのテーマを作ったサイケな女性 Delia Derbyshire: The Myths and The Legendary Tapes

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月15日(木)

Delia Derbyshire: The Myths and The Legendary Tapes

デリア・ダービシャーを再現した映画。この映画祭での上映がワールドプレミアになる。キャロライン・キャッツ監督、脚本、主演。

ドクター・フーのあの印象的なテーマ曲を作り出した音楽家。当時、電子音楽は、試行錯誤して、まさに作り出したというふう。

音楽に負けず、サイケな女性だったようだ。ヒッピー世代と言うか、あの頃に活躍してた人は、ドラッグかアルコールで人生を困難にするケースが多いけど、デリアもその例に漏れず。

才気煥発な美女だけに、もったいない。

公式サイトhttps://www.deliaderbyshirefilm.com/

有望イギリス新人作 After Love

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月14日(水)

After Love

夫(ナセル・メマルジア)の突然死の後、そのダブルライフを知ってしまう妻(ジョアンナ・スキャンラン)が主人公。

主人公はドーバー近辺の海辺の町に暮らすムスリム女性。夫には、海峡を渡ってすぐのフランス、カレーに愛人(ナタリー・リシャール)と息子(タリッド・アリス)がいた。

じっくりと両方の女性を描くことで、どちらの立場も理解、共感させてしまう。リアリティーのあるストーリーも、役者も上手い。

脚本も書いたアリーム・カーン監督はこれが長編デビュー作。

公式サイトhttps://thebureaufilms.com/london/films/after-love/

バングラデシュ映画 The Salt in Our Waters

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月13日(火)

The Salt in Our Waters

風習を守る海岸沿いの村に青年彫刻家がやってくる。青年と村人は対立するようになるが、1人の娘との仲は深まっていき…

ありがちなストーリー展開だけど、民族色豊かな海辺の暮らしが個性かな。バングラデシュの新人監督さんだそう。

公式サイトhttp://www.mypixelstory.com/the_salt_in_our_waters


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ