Archive for the 'スリラー' Category

惜しいホラー?スリラー?

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月21日

NightMare

若いカップルが越してき集合住宅で、女性が眠ると怖ろしいことが起こる。自分たちで改築しながら住むのだが、その途中にも不審な出来事が続く。

という出だしが引きつけるだけに、最後の方が尻すぼみ。たくさんのことが回収されずに終わる。それがさらに恐怖を呼ぶならいいけど、そうでもない。スリラーといえる論理的な説明もないし、ホラーといえるほど論理を超えてもない。

女性の生理的な不安定?なら、それなりにリアリティがあったほうが、かえって怖いと思う。何か見逃したのかもしれない。そうだとしたら、伝わりにくい映画ということになる。

文句が言いたくなるのは、前半がかなり期待させるから。途中まではいいのになあ。もったいない。

公式サイトhttps://www.wildbunch.biz/movie/nightmare/

邪悪な看護士 The Dose

第35回BFIフレア: ロンドンLGBTQ+映画祭  プレス試写 3月21日

夜勤の看護士たちの間で起こる出来事を追った話。

ベテラン看護士マルコスが勤務する病院に、若い看護士ガブリエルが入ってくる。人をそらさない魅力があるガブリエルは、皆の人気と信頼を勝ち得るが…

2人の看護士を軸に、延命治療の是非も絡めたスリラー。じっくり描かれる前半は目が離せない。

公式サイトhttp://www.samuelgoldwynfilms.com/la-dosis/

比べずにはいられない近さ Possessor

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月16日(金)

Possessor

脳をどうこうして他人の体に入り込み任務遂行。

薄気味悪いストーリーでグロい映像の映画だ。監督はブランドン・クローネンバーグ、あのデヴィッド・クローネンバーグ監督の息子。

前作もだけど、ジャンルがほぼ同じ。好みが近い? 遺伝? でも、ただグロいだけではない衝撃を与え、心を揺さぶる偉大な父には届かず。まあまあ楽しめるけど。

公式サイトhttps://www.possessormovie.com/

アルゼンチン映画 A Common Crime

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月13日(火)

A Common Crime

ある夜、激しくドアを叩く男を無視したことから起こる物語。

無視したのは女性教師。息子と2人暮らし。通いの家政婦さんに家事、育児を手伝ってもらっている。ドアを叩いていたのは、その家政婦さんの息子。その息子が死体となって発見される。

教師が罪の意識に苛まれていくサイコロジカルドラマ、殺人事件としてのスリラー、家の外にまた男の影を見たりするちょっとホラーな要素もある。でも、一番怖いのはアルゼンチンの風土かも。

公式サイトhttps://www.pensarconlasmanos.com/uncrimencomun

こんな役をあの人が The Intruder

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月11日(日)

The Intruder

ホラー味もあるサイコロジカル・エロティック・スリラー。

声優の女性が主人公。ある時から、不審なことが続くようになる。

出だしは謎めいて期待させるけど、半ばくらいで先が読めてしまう。

不思議な所から登場してくる、細身、細面にギョロ目、誰かと思ったらBPM(観た当時は120 BPM)のナウエル・ペレス・ビスカヤール。ドキュメンタリーかというほどリアリティーあるゲイの活動家役だったのが、この映画ではどう見ても怪しい怖い奴になってる。

これだけ特徴的なルックスだと、役を選ぶだろうなあ。やっぱり使い出があるのは無難顔か。

公式サイトhttp://elprofugo.com.ar/

現実の方が怖い Earthquake Bird

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月10日(木)

Earthquake Bird

日本の人が出てて、日本で撮影もしてるので、期待したけど、いろいろ惜しい。

怪しげな男、得体の知れない雰囲気は出てるのに、怖さがあんまりないとか、思った通りの展開で意外性がないとか。

どことなく、ルーシー・ブラックマンの事件を思い起こさせながら、そちらの方がずっと怖いのもマイナスと思う。

日本でもアースクエイクバードとして公開。

公式サイトhttps://www.netflix.com/gb/title/80244457

Little Joe

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月1日(火)

Little Joe

日本でも公開中。記事にできました。主演女優はカンヌ国際映画祭女優賞獲得!新種の魔花に注ぐ母の愛から始まる新感覚スリラー「リトル・ジョー」

公式サイトhttps://www.littlejoefilm.com/

9.11後の実話が基 The Report

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月27(金)

The Report 

ある政治家の下で働く調査員が、9.11後のアメリカによる拷問を暴くスリラー。

主人公となる調査員をアダム・ドライバー、政治家をアネット・ベニングが演じる。2人とも、試写後半で、それぞれ別の映画の主役もしていた。同じ映画祭で2本で登場とは売れっ子だ。

社会派ドラマとしても、見応えがある。

日本でもザ・レポートとして公開。

公式サイトhttps://www.thereport.movie/

閉ざされた集団の行き着くところMonos

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月17日(火)

Monos

離れた場所にいるらしい上官と連絡を取りながら、自分たちで動いている少年少女兵グループのお話。グループのリーダーを選出したり、恋愛沙汰もあったりする。ある出来事からグループ内での反目、変わっていく力関係、グループの統制をとるという名目での厳しい締め付け…

映画は架空の物語にしてあるが、政治的集団から宗教的集団まで、この映画と似たような経過をたどった事件を過去にいくらでも探せるのが怖いところだ。

ロンドン映画祭では作品賞になった。

公式サイトhttps://www.monos-film.com/

おバカホラー

第62回ロンドン映画祭試写

2018年10月2日

Lizzie

実際にあった未解決殺人事件の映画化。美人女優2人が主演だから、観やすいけど、事件そのものは気味悪い。
公式フェイスブックhttps://m.facebook.com/LizzieTheFilm/

Asako I & II

邦画寝ても覚めても。何年か前に、ハッピーアワーで驚かされた濱口竜介監督作。あの作品の成功で、こうして東出昌大とか使えるようになったのかな。

Petra

家族サスペンス。おおっ!と思うと、さらにどんでん返しがある。日本では順次公開中。ペトラは静かに対峙する

4日

Tumbbad

インドのホラー。ミイラ、地下、etc、定番で新鮮味はないけど、そこそこ楽しめる。
トレイラーhttps://m.youtube.com/watch?v=sN75MPxgvX8

5日

Mandy

マンディ 地獄のロード・ウォリアー。思い切ったスプラッター、バイオレンス、ついにはあの怪物で試写会場爆笑。いや、思い切りすぎでしょ。結果的におバカホラーになっちゃった。実生活でいろいろやらかしてるニコラス・ケイジだけど、映画でやってくれる分には大喝采。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ