Archive for the 'コメディ' Category

Knives Out

第63回ロンドン映画祭

10月11日(金)  一般上映

Knives Out

犯人は誰だ?という謎解きで、コメディーでもある洒落た映画。

俳優の格で、犯人の目星がつかないようにということか、こういう映画は往往にして豪華キャストになるが、今回もその例にもれず主役級ズラリ。

わかりやすく曲者揃いなキャラクターになっていて、みなさん伸び伸び楽しく演じたのでは。もちろん観る方にも楽しい。

日本でもナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密として公開。

公式サイトhttps://knivesout.movie/

実は恐ろしい人形劇 Judy & Punch

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月11日(金)

Judy & Punch

ジュディ&パンチ、一般的にはPunch and Judy、パンチとジュディとして知られるドタバタ人形劇を、そのまま人形使いの夫婦の物語にしてみせた。

人形がポカポカ殴ったら笑えるけど、リアルな人だと普通にDVだ。ということで、ブラックなコメディーになっている。

ミア・ワシコウスカ主演なので、日本でも公開されそう。

公式サイトhttps://judyandpunch.film/

Jojo Rabit

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月5日(土)

Jojo Rabit

日本でも公開で記事にできました。

ニュージーランドからハリウッドへ!アカデミー賞にノミネートされた経験をもつタイカ・ワイティティ監督が日本のネタで笑わせていた昔の傑作

公式サイトhttps://www.searchlightpictures.com/jojorabbit/

The Personal History of David Copperfield

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月2日(水)

The Personal History of David Copperfield

ディケンズの代表作デイヴィッド・コパフィールド映画化なので、ストーリーは手堅く面白い。

それをコメディー風味で。波乱万丈ものでいろんなキャラが登場、どよよんとしたベン・ウィショー、頭のタガが外れたヒュー・ローリーとか楽しめる。

主演はデヴ・パテル。若手と思ってたら、いつのまにか主役として安定感ある人になってた。

公式サイト
https://www.searchlightpictures.com/thepersonalhistoryofdavidcopperfield/

The Last Black Man in San Francisco

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月26日(木)

The Last Black Man in San Francisco

ある家に執着する黒人青年ジミーが主人公。おじいさんが建てたというその家は、赤の他人の所有。

サンフランシスコで友人モントの家に居候しているジミーは、モントと2人で町をぶらついてはその家を眺めるのが日課。

それがしばらく空き家になることを知ったジミーは、モントと中に入り込み…

家のない青年の、切なくも哀しいようで、けっこうおバカで笑えるコメディー。

ジョー・タルボット監督はこれが長編デビュー作。ストーリーはジミー役のジミー・フェイルズの実話の一部が基。面白い監督、俳優が出てきた。

公式サイトhttps://a24films.com/films/the-last-black-man-in-san-francisco

つるんと綺麗な男の子主演The Dude in Me

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月25日(水)

The Dude in Me

ギャングのボスが、ひょんなことから男子学生と入れ替わるコメディー。ありがちな話ながら、ボスの昔の恋が絡んだりで、けっこう楽しめる韓国映画。

つるんとした男の子綺麗と思ったら、ボーイズグループ出身のジニョンというアイドルみたいな人だった。

日本では僕の中のあいつとしてDVD発売中。

学校汚職の実話が基 Bad Education

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月24日(火)

Bad Education

実話を基にした、学校が舞台の横領ストーリー。コメディーに仕上げたのがミソ。

高潔そうで実は…な主人公のヒュー・ジャックマンに既視感がある。The Front Runnerでの役も、将来有望な政治家が…という実話スキャンダルの主人公だった。ウルヴァリンの次くらいに、そういう役がハマる。

ハンサムで人も良さそうに見える=嘘くさい、というあたりか。

日本でもそのままバッド・エデュケーションとして公開中。

公式サイトhttps://www.hbo.com/movies/bad-education/

フェティッシュホラーコメディーDeerskin

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月20日(金)

Deerskin

鹿皮に魅せられた男のコメディー。

ミッドライフクライシス起こしてる男が主人公。鹿皮ジャケットを愛するあまり、そのジャケットに操られる?

主演はアーティストのジャン・デュジャルダン。コメディータッチイケメンなのだな。

日本では、ディアスキン 鹿革の殺人鬼として配信中。

公式サイトhttps://www.deerskinmovie.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおらかなゾンビコメディーLittle Monsters

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月17日(火)

Little  Monsters

幼稚園遠足ゾンビコメディー。良く言えばおおらか、悪く言えば大味。

暖かい目で見れば、笑えないこともない。お子様向き?いや、ゾンビ怖い子もいるからダメか。

日本でもリトル・モンスターズとして公開。

公式サイトhttps://www.lilmonstersmov.com/

 

 

 

 

 

上出来フィール・グッド・ムービーThe Peanut Butter Falcon

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月16日(月)

The Peanut Butter Falcon

ダウン症の青年(ザック・ゴッツァーゲン)が主人公というと、「お涙頂戴感動ものね」で片付けられそうだが、ちょっと待った。グッとくる場面もあるけど、よく出来たコメディーでもある。気持ちよく笑えて、暖かい気持ちにもなれる良質のフィール・グッド・ムービーだ。

ロードムービーにもなっていて、メインとなる3人、ひょんなことからザックと旅するシャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソンのバランスが良い。脇のベテラン勢がまた良くて、名優ブルース・ダーンまで笑わせてくれる。

公式サイトhttp://www.thepeanutbutterfalconmovie.com

日本でもそのままのタイトルで公開されたようだ。
ザ・ピーナッツバター・ファルコン公式サイトhttp://tpbf-movie.jp/sp/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ