Archive for the 'コメディ' Category

最後はハートフルな変てこSFコメディLinoleum

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月30日

Linoleum

自力でロケットを作ろうとしているお父さんのお話。しかも家のガレージで。

空から車が降ってくるのに遭遇するお父さん、それが妄想なのか現実なのか、判然としないまま、話が進んでいく。大丈夫か?子供向け科学番組のプレゼンターを降ろされたお父さんは、家のガレージでロケットを作り始める。ミッドライフクライシスなのか?

変てこコメディが、変てこを上手い具合に回収しつつ、最後には心揺さぶる人生の物語になっていく。びっくり。

公式サイトhttps://www.linoleummovie.com/

遺作だった

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月27日

Triangle of Sadness

強烈な風刺の効いたコメディ。今年のカンヌ最高賞受賞作。

2017年の同賞受賞作ザ・スクエア 思いやりの聖域を思い浮かべつつ、そういうのがカンヌ好みなのかなと思ったら、同じリューベン・オストルンド監督だった。

かなり笑えて、かなり酷い話だ。額に汗して働き暮らしを支える人がいる一方で、動画やら写真やら上げるだけで優雅な暮らしを送る人がいる現実、それが見事にひっくり返る状況、そして、絶妙なところでのラスト。

カンヌが強烈な風刺の効いたコメディ好きというより、強烈な風刺の効いたコメディを抜群な映画に仕上げる監督なのだろう。

ウディ・ハレルソンがいかにもな役で出てるのも楽しい。

群像劇なのだが、そのメインの1人、見事なビキニスタイルを披露しているチャールビ・ディーンが、この8月に亡くなっていたのを今知った。遺作だったのか。

公式サイトhttps://neonrated.com/films/triangle-of-sadness

元サッカー選手が撮ったおバカ刑事コメディ

Cop Secret

第36回BFIフレア: ロンドンLGBTQIA+映画祭  一般上映 3月25日

プレス試写が終わった後、そのまま一般上映に。

意外に笑えた。最初のギャグが意表をついて面白いので、以降、所々ベタだなと思いつつ、最後まで観てしまう。

記事にできました。

W杯出場経験を持つ元サッカー選手が撮ったおバカな刑事コメディ映画「Cop Secret」

公式サイトhttps://alief.co.uk/copsecret

新顔も良いウェス・アンダーソン監督オムニバス

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月10日

The French Dispatch

ビル・マーレイとかアンダーソン監督作お馴染みの顔は、もう居るだけで可笑しい域だけど、今回は新顔も楽しい。

新聞社を舞台に、そこで扱うネタごとのお話になっているオムニバス風。

ベニシオ・デル・トロとミシェル・ウィリアムズ、画家とモデルと思いきや実は…が既にオチなうえ、さらにひねって笑わせる。

今、売れっ子の2人、ティモシー・シャラメとフランシス・マクドーマンドの組み合わせも、年齢から何から違いすぎるのをカップルにしちゃったのも可笑しい。

公式サイトhttps://www.searchlightpictures.com/thefrenchdispatch/

パート1が面白そう

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月8日

The Souvenir: Part2

すっかり人が変わって旅から帰ってきた恋人、結局、ドラッグ中毒になっていて、死んでしまう。というのが最初の映画、The Souverirでのお話らしい。

パート2は、残された失意の女性のその後のお話。自分探しの話でもある。コメディタッチで、映画制作者でもある女性なので、そのあたりも絡めたギャグもある。

最初の映画を観る機会がないまま2を観てしまった。それでも面白いけど、観てたらもっと面白そう。

公式サイトhttps://www.souvenir2.film/

ウクライナのコメディ My Thoughts Are Silent

第28回レインダンス映画祭  プレス試写

10月30日(金)

サウンドエンジニアのウクライナ青年が主人公。イケてないウクライナを抜け出したい青年が、カナダの会社から来たオファーを成功させようとがんばる過程で起こる様々が笑いになる。

意外な登場の母親がウザいキャラで可笑しい。伏線を回収してオチをつけた最後も上手い。

公式サイトhttps://arthousetraffic.com/ua/films/my-silent-thoughts/

イギリスのカウリスマキか Limbo

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月14日(水)

Limbo

スコットランドの離島で、何とか生活の基盤を作ろうとする移民たちを、オフビートな笑いで包んでみせる。長編デビューだった前作で注目されたベン・シャーロック監督の長編2作目。

主人公オマー(アミール・エル=マスリ)は、シリアからやってきた青年。難民申請が受理されるのを待つ間、同様の移民達と共同生活を送る。シリアスな状況の中での、彼らの日々がズレていて可笑しい。

だが、もちろん、みんな切羽詰まっている。笑った分だけ、彼らに親しみを感じていくところに、悲しいことも起こってくる。

オフビートの笑いとペーソス、シャーロック監督、イギリスのアキ・カウリスマキになるかも。

公式サイトhttps://mubi.com/films/limbo-2019-ben-sharrock

踊るミケルセン Another Round

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月13日(火)

Another Round

覇気もなく、授業をこなす教師。うんざりしているのは生徒だけではない。家では妻にも愛想をつかされている。

そんな教師にも仲間はいる。だが、この仲間たち、酒の勢いで人生が上手く回ってしまったことに味をしめ…

主役がマッツ・ミケルセン。激シブの役者がコメディータッチの役柄、しかも最後に踊る! というので期待するも、ファットボーイ・スリムで踊るクリストファー・ウォーケンほどのインパクトはなかった。

ウォーケンは、若き日の地獄の天使みたいなイメージを、こちらが勝手に重ねて見るから、踊るおじさんとのギャップが破壊的だったわけで、この映画は、そこまでのイメージギャップはない。渋さを裏切らないダンス、コメディー。

公式サイトhttp://www.samuelgoldwynfilms.com/another-round/

うるっともさせる変人コメディー Kajillionaire

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月7日(水)

Kajillionaire

ミランダ・ジュライ監督らしい一風変わったコメディー。
犯罪一家の物語。もちろんハードボイルドでは全然なく、無理のある犯罪を企む初老の父母とその娘、変な両親に育てられた娘の変人っぷりが際立つ。世間とズレすぎていて、ある意味、尊い。
ジュライ監督は脚本も書けば、様々な著作もある才人だが、ダンサー、パフォーマーでもあり、面白い動きに関しても才人だ。
シュールな画面やセンスのいい音楽が現代的な一方、塀に隠れながら歩く場面など、シンプルに動きで笑わせるところは、意外にクラシカルなコメディーの流れも汲んでいるかもしれない。

公式サイトhttps://www.focusfeatures.com/kajillionaire

ロンドン映画祭プレス試写開始 Honeymood

第64回ロンドン映画祭 プレス試写

10月2日(金)

Honeymood

結婚式を終えたばかりのカップルが、元カノ絡みのトラブルで、長〜い一夜を過ごす。

観終えて残るものは特にないが、どうなる?どうなる?という展開で最後までもっていく軽めのコメディー。

公式サイトhttp://westend.i2ic.com/screeners/honeymood.html


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ