Archive for the 'コメディ' Category

第31回ロンドンLGBT映画祭

3月16日から26日まで開催、観られたのをざざっと。

 

After Louie

時代は移り、人は歳をとる、というのをゲイの活動家を主人公に。

http://www.afterlouie.com

 

The Handmaiden

オールド・ボーイの監督が荊の城ではじけた。

http://www.handmaidenmovie.com

 

Southwest of Salem

冤罪ドキュメンタリー。魔女狩りならぬレズビアン狩り。

http://www.southwestofsalem.com

 

The Center of My World

悩める可愛いいティーンがトワイライトっぽいゲイもの。

http://mitte-der-welt-film.de

 

Signature Move

モスリムのレズビアン女性×レスリングのコメディー。

https://signaturemovemovie.com

 

Handsome Devil

タイトルから予想したのと違って軽めの学園ものだった。SHERLOCKのモリアーティー役でブレイクしたアンドリュー・スコットの教師役は良い。

 https://twitter.com/handsomefilm

 

Orlando

サリー・ポッター監督による1992年の映画を25周年記念上映。こういう性別不明/人間じゃないような役やらせたらデヴィッド・ボウイかこの方、ティルダ・スウィントン。でも、顔小っちゃくて首と手足が長い宇宙人的肢体の中、意外とお尻が大きいのをヌードシーンで再確認。Young Adam(邦題猟人日記)の疲れたおばさん役みたいなのができるのもそこか。

 

Don’t Call Me Son

実は母親と血がつながっていなかった息子に、もう一ひねりあるドラマ。けっこう大問題なところをすっと流して息子の生活を追ったのが成功。

https://zeitgeistfilms.com/film/dontcallmeson

 

Terry Pines

心の病を持つ母親に育てられた女の子のセクシャリティーにまつわる実話を、サラッとしたアニメにしてある。がっつり実写ドラマで観たい気もするけど、そしたら重すぎ?

https://www.torreypinesfilm.com

第67回ベルリン国際映画祭6&7日目

2月14日

The Other Side of Hope 試写 会見

面白いことを真面目な顔でというお笑いの定石にかなったヒューマンドラマ/コメディー。アキ・カウリスマキ監督、悠々自適な会見でした。

 

Beuys 試写

ヨーゼフ・ボイスのドキュメンタリー。戦争で仲間を亡くし自分も負傷して戻り、鬱になったとこからのアートがあれだったのか。単なるヘンテコおじさんじゃないんだなあ。

 

The Midwife 試写

カトリーヌ・ドヌーヴ、いくつになっても美人女優。でも、いくつ?

 

2月15日

彼らが本気で編むときは、試写 会見

同じトランスジェンダーが主役でも、一昨々日のは情愛、こちらは母性強調。お国柄?

 

Masaryk A Prominent Patient 試写

戦時中、心の病で病院入れられてた元大使の実話が基。実話自体は面白そうなのに映画はいまいち。

第67回ベルリン国際映画祭4&5日目

2月12日

 

Spoor 試写

ちょっとマッドな動物愛護おばさんの話かと思ったら予想以上にマッドだった。ブーイングも出たけど拍手も。

 

Viceroy’s  House 試写

イギリスから独立かつ分裂する頃のインドを舞台にしたロマンス。ちょっとベタな気もするが「そんな中の1人の孫がグリンダ・チャーダ監督です」とやられた日にゃウルウル。反則?

 

A Fantastic Woman 試写

この主人公、ほんとにファンタスティックなウーマン。トランスジェンダーだということで余計にそう思わせるとこが上手い。思いがけず良品だった。

 

Queen of Spain 試写

宣伝写真とかペネロペ・クルスが主人公みたいなのに、前半ほとんど出てこないコメディー。詐欺? 次の会見のため半分くらいで退席したけど続きは観なくていいかな。

 

The Young Karl Marx 会見

前日書いたようにラウル・ペック監督だからと出たけど、そこまで盛り上がらず。

 

2月13日

 

Bright Night 試写

別れた妻の下で暮らす息子と父の微妙なホリデー。地味だけどなかなか良い。

 

The Party 試写

上手い役者が揃ったのとオチの意外性はピカイチだけど、演劇臭いかな。舞台劇には良さそう。

 

Mr. Long 試写 会見

SABU監督による大人の童話。台湾の俳優さんたち綺麗だし、日本の人情話になってるのも楽しい。

第67回ベルリン国際映画祭2日目

昨日2日目は

 

On Body and Soul 試写

風変わりなロマンチックストーリー。それぞれ牡鹿と牝鹿になってる夢を見続ける他人同士の2人。一緒に草食べたりとか見てる内容も同じ。女の人の固い感じとか、男の人の年寄り加減とか、ただただ甘い話にしてないのが勝因。

 

The Dinner 試写 会見

豪華出演者ではあるけど。

 

T2 Trainspotting 試写 会見

中身はほとんど変わらないまま、歳とっちゃったキャラたち。

背景の重さは軽く流しちゃったのね

第60回ロンドン映画祭開幕9日目

 

Their Finest

ロネ・シェルフィグ監督、ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ、レイチェル・スターリング、アマンダ・ポージー、スティーヴン・ウーリー会見

17歳の肖像の監督で、時代と女性というところは通じるけど、こちらはラブコメ。戦時中のイギリスを舞台に、軽めにまとめてる。

 

Nocturama

数人の若者がそれぞれ黙々とどこかに向かうのを追っていく、台詞なしの出だしが引き込むだけに、終わりが予想通りなのが残念。

パリが舞台でテロというと最近の一連の事件が連想されるけど、政治的なこととかはなくて、あくまでスリリングな娯楽作。

 

 

 

 

様々起こり過ぎる娯楽作と物足りないような本格作

第60回ロンドン映画祭開幕8日目

 

Prevenge

Sightseers出演、脚本のアリス・ロウ初監督長編ということで、ダークコメディー具合がそれと近い連続殺人妊婦のお話。

公式サイトhttp://www.westernedgepictures.com/prevenge/

 

Brimstone

声を失った助産師(ダコタ・ファニング)と、わけあり風な神父(ガイ・ピアース)というところで興味を引くも、早い段階で悪者と良い者がわかって、あとはどんだけ悪いかという話になる。カウボーイ風のキット・ハリントンが出番は少ないのにヒロイックなおいしい役。

公式サイトhttp://www.brimstonethemovie.com

 

Snowden

エドワード・スノーデンをジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じるオリバー・ストーン監督作。告発そのものとなったドキュメンタリーCitizenfour の方が生々しさ、スリリングさでは勝るけど、スノーデンがヒーローに見えるのはこちら。てんかんだったこととか恋人のこととか知らなかったし。

公式サイトhttps://snowdenfilm.com/mobile/

 

Certain Women

プレス試写で他の見逃せないのと重なり、泣く泣く見送ったのを一般上映で。ほぼ満席だったのは、やっぱりプレス?ローラ・ダーン、ミシェル・ウィリアムズ、クリステン・スチュワートがそれぞれ主演する短編3本みたいな感じ。ゆるく繋がってはいるけど。それぞれ30分弱位だから、起承転結の起かせいぜい承くらいなとこでスーッと終わるのが余韻を残す。

お相撲さんみたいな女の子が可愛い

第60回ロンドン映画祭プレス試写11日目

 

The Eagle Huntress

ノマド、カフェでパソコンいじってる人じゃなく本物の遊牧民の方ね、の13歳の女の子アイショパンを主人公にしたドキュメンタリー。男の世界イーグルハンター、初の女の子でイーグルハントレス。人種的にはモンゴル人になるのかな、横幅広めでパンパンに張り切った可愛いお相撲さんみたいな顔立ちの女の子が、イーグルハンター大会、厳しい冬の猟と、女の子には無理と言われることにチャレンジしていくのが可愛くも頼もしい。雄大な自然の映像も見事。

公式サイトhttp://theeaglehuntress.com/site/

 

A Day for Women

席を立つ人が多かった中、1人だけ拍手してたのは関係者?

 

Into the Forest

お母さんのもとから、様子のおかしいお父さんに預けられた男の子2人。どんだけお父さんが変なのかスリルで最後まで引っぱるけど予想通りの結末。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ