Archive for the 'サンダンス・ロンドン2016' Category

サンダンス映画祭ロンドン最終日

Blood Simple 一般上映

1985年にサンダンス映画祭で審査員大賞を受賞したコーエン兄弟デビュー作ブラッドシンプルの回顧上映。勘違いが思わぬ展開を招くクレバーなストーリーにクールなショット、今のコーエン兄弟の萌芽がある。

広告

サンダンス映画祭ロンドン3日目

Weiner 一般上映 ジョシュ・クリーグマン&エルシー・スタインバーグ監督登壇つき一般上映

セックス・スキャンダルで有名になった元米下院議員アンソニー・ウィーナーのドキュメンタリー。度重なるスキャンダルにもめげずにしゃべりまくる、ある意味、政治家にピッタリの主人公はもちろん、その妻で才女のフマ(ヒラリー・クリントンの片腕的な働きをした人!)の苦い表情など、予想以上に見所一杯。さすがサンダンス受賞作。

公式サイトhttp://dogwoof.com/weiner/

サンダンス映画祭ロンドン2日目

Life, Animated ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督+主人公の母親登壇つき一般上映

ディズニーアニメでコミュニケートする自閉症の青年。感動的で笑いもある。

公式サイトhttp://lifeanimated.net/

サンダンス映画祭ロンドン開幕、試写、インタビュー

Tallula

一昨日、最後の20分ばかし観たのを今日の試写では最初から。でも、今度は30分で 下の試写に移る。結末を知っていてさえ面白いほどでもなくパス。エレン ・ペイジ主演も良くて、悪い映画ではないけど。これが今晩の開幕映画。

 

The Greasy Strangler

ということで上の30分遅れで始まったこちらは、おそろしく気持ち悪いけど眼を離せなくなる強烈悪趣味コメディー。ベン・ウィートリーにイライジャ・ウッドとプロデューサーもなかなかすごい。ジム・ホスキング監督の異能は認められているのだな。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/greasystrangler

 

インタビュー

水色縁丸眼鏡にゆったりしたしゃべりが雰囲気のあるWiener-Dogトッド・ソロンズ監督、弾むような話し方からして若いGoatアンドリュー・ニール監督。どちらも一昨日試写の良作。

 

Author:   The JT LeRoy Story

近年、最大の偽物事件らしい。娼婦の母の下、周りの大人たちからの虐待で、男にも女にもなって身を売る美しい少年 JTリロイ。自伝的小説で一躍時の人となった作家が実は…知らなかったので驚きを持って観たけど、リアルタイムで知ってた人には今さらかも。アメリカの事件なので、アメリカ以外の方が知られてない分だけ映画は受けそう。

公式サイトhttp://dogwoofglobal.com/author-the-jt-leroy-story

サンダンス映画祭ロンドン試写2日目

Indignation

主役のローガン・ラーマンはじめ役者も悪くないし、50年代の衣装とかも良い感じだけど、肝心のロマンスが未消化なのは、相手役の女の子が深みをもって描けてないからでは?いろいろ惜しい気がする映画。

公式ツイッターhttps://twitter.com/IndignationFilm

 

The Intervention

友達カップルが集って起こる諸々をコミカルに見せる。ありがちだけど、まあまあ楽しめる。

サンダンス映画祭ロンドン試写1日目

Goat

男子学生寮で綿々と行われる伝統という名の新入生いじめ。プロデューサーのジェームズ・フランコが伝説の先輩としてちょびっと出演も。アメリカを舞台にした話だけど、日本でも多そう。寮だけじゃなく、部活とか。

 

Tallulah

上と重なったため、最後の20分ばかし。エレン・ペイジ主演に惹かれるも、上のが良さそうだったから涙を飲む。終わりだけなら、上を選んで正解だった気がするけど、全部観てないから断言できず。

 

Other People

ファーゴ2とか、ブラック・マスとか、このところ良く観るジェシー・プレモンスが主演。末期ガンの母を看取るために実家に戻った長男でゲイの売れないライター役。こういうコミカルなゲイ役をやる役者さんって、演技力を発揮しやすいんじゃないかな。何だか乗ってて楽しそうにさえ見える。

 

Wiener-Dog

ダークホース リア獣エイブの恋のトッド・ソロンズ監督作。(以前、そちらについて書いたブログが、ミア・ファローをシシー・スペイセクと間違って書いてたのに気づき、こないだ、しれっと直したとこ)可愛いワン ちゃんにさえ、こんな結末を与えてしまう徹底してダークなソロンズ監督に恐れ入る。 タイトルのウィナー・ドッグは、長い胴がウィンナーみたいなダックスフンドをさすウィナー・ドッグと飼主の1人の名前ウィーナをかけて。ワンちゃんの次々と変わる持ち主を追っていくブラック・コメディ。最初の病弱な男の子が大変良いし、心が死んでるような青年(キーラン・カルキンがはまってます)のエピソードも良い。

 

Morris fom America

アメリカからドイツに越してきた13歳の黒人少年モリスが主人公。転校生のお話として、わかりやすく、後味も悪くないので、子供向け映画として良いかも。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

広告