ジェニファー・ローレンスが上手い

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月30日

Causeway

ジェニファー・ローレンスがアフガニスタン帰りの元兵士を演じる。

頭には怪我、心にはトラウマを負っている。それが癒えることはあるのか。

帰ってきたニューオーリンズでの暮らしの中、彼女はある黒人男性と出会う。やはり傷がある彼と友情が育まれていくようだが、それでも、双方にとって傷が癒えるのは簡単ではない。

スローペースでじっくりと日常が描かれていくうちに、彼女と母親の問題なども見えてくる。

そういえば、今回の映画祭では、癒しがテーマになっている映画が多かった気がする。時代だろうか。

公式サイトhttps://a24films.com/films/causeway

0 フィードバック to “ジェニファー・ローレンスが上手い”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。