ドラゴンで現実を焼き尽くせたらいいのに

第66回ロンドン映画祭  プレス試写

9月21日

Blaze

レイプ殺人の場に、たまたま居合わせてしまった女の子を主人公にした物語。

女の子が負ったトラウマの話だが、この映画の特徴は、まだ小学生の女の子の想像力の豊かさだ。可愛らしく懐かしい陶器の動物がたくさん飾ってある部屋で、女の子はドラゴンと住んでいる。その想像世界がサイケデリックで面白い。

目撃者となった事件によって、部屋に閉じこもってしまう女の子、現実に戻ることはできるのか。

サイケなファンタジーと、惨い現実が、ブレンドされていくことで、独自の映画になっている。

公式サイトhttps://mk2films.com/en/film/blaze/

0 フィードバック to “ドラゴンで現実を焼き尽くせたらいいのに”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。