ポート・アーサー事件までの軌跡

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月12日

Nitram

ちょっと癖のある顔立ちで、嫌味なお坊ちゃんみたいな役柄が多かったケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、そういうのもはまってはいたけど、これこそはまり役と思った。

大量殺人事件として知られるポート・アーサー事件の犯人マーティン・ブライアント役だ。知的障害に、メンタルな病気もあったらしい青年で、大金持ちの未亡人と知り合ってから、自暴自棄な殺人に向かうまでの過程に緊迫感がある。

面白い映画になっているけれど、こういう映画が出ると障害や病気に対する偏見が助長されることがあるので加えておくと、病気にそういう傾向があるのではなく、もともとそういう傾向があった人が、病気になることによって、行動として出やすくなるという意味のことを、精神科医の春日武彦は著書で述べている。

公式サイトhttps://www.ifcfilms.com/films/nitram

日本公開中http://www.cetera.co.jp/nitram/

0 フィードバック to “ポート・アーサー事件までの軌跡”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。