トム・バークVSルース・ウィルソン

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月10日

True Things

自由を感じさせる男についていったら、普通にいい加減な奴だったというお話。

予想できる展開だけど、得体の知れないトム・バークも、そんなのにフラフラついていくルース・ウィルソンも上手い。

トム・バークはこの映画祭ではThe Souvenir: Part2に続いての登場。イギリス映画にはよく出てくる、幅広い役を、危なげなく演じる上手い俳優だ。

でも、この映画ではルース・ウィルソンの方が難しそうな役。仕事にも生活にも飽き飽きしている会社員を、謎の男に夢をみてしまうのもわかる気がする具合に演じている。

公式サイトhttps://www.truethings.film/

0 フィードバック to “トム・バークVSルース・ウィルソン”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。