あるアフガニスタン難民のアニメーション・ドキュメンタリー

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月9日

Flee

ジョナス・ポエール・ラスムーセン監督の友人アミン(仮名)が語る半生のアニメ化。

アミンは、アフガニスタンの戦火を逃れ、ロシアを経て、デンマークにたどり着いた難民だ。文字通り、明日をも知れない毎日、自分の話を公にするのに仮名を使わざるを得ない理由、難民であるということが、どういうことなのか、ありありとわかる。

難民というと可哀そうな集団のように考えてしまって、その個々人にまで想いをめぐらすことがあまりなかった。それは偏見だったのかもしれないとも思った。

公式サイトhttps://www.fleemovie.com/

0 フィードバック to “あるアフガニスタン難民のアニメーション・ドキュメンタリー”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。