説得力あるコスタリカ映画

第65回ロンドン映画祭  プレス試写

10月7日

Clara Sola

コスタリカの緑豊かな地方を舞台にマジックリアリズムで描かれた特異な女性クレアの物語。

子どものような36歳のクレアは、母親の庇護のもと、森に囲まれた地で暮らしている。白馬を友とし、村では霊媒の役目も果たす。

簡単に言うと知的障碍者ということになるのだろうが、確かに動物と心が通いそうな雰囲気もある。

クレアを演じた女優さんは、プロの俳優ではなく、これが初演技となるダンサーということだが、この人の持つ雰囲気が、クレアに説得力を持たせている。素朴だが美しく、頼りないようで力強くもある。

姪っ子のところに通ってくるボーイフレンドから、クレアが性に目覚めることで、物語は展開していく。印象に残る映画だ。

公式サイトhttp://hobab.se/portfolio/clarasola/

0 フィードバック to “説得力あるコスタリカ映画”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。