チャンバワンバ・ドキュメンタリー I Get Knocked Down

第28回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭  プレス試写 6月9日

チャンバワンバのオリジナルメンバーだったダンストン・ブルースのドキュメンタリー。

59歳、グレイヘアの紳士になっているダンストンが、過去を振り返る。メンバーが共同生活みたいな暮らしをしながらメッセージ性の強い曲を作っていた熱い時代だった。

ダンストンとソフィー・ロビンソンの共同監督/脚本で、謎の仮面男にさいなまれるダンストンが、かつてのメンバーたちを訪ねるコミカルな趣向。

チャンバワンバではピンとこなかったのが、曲を聞いたら知ってた。一時代を築いたバンドだった。

公式サイトhttps://www.soandsopictures.com/i-get-knocked-down

0 フィードバック to “チャンバワンバ・ドキュメンタリー I Get Knocked Down”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。