婚活ドキュメンタリーShoot to Marryで思い出した

第28回レインダンス映画祭  プレス試写

10月31日(土)

スティーヴ・マークル監督自身が結婚相手を探すドキュメンタリー。

次々と会ってデートするのが、個性的な女性たちで、コメディになってる。

中にちゃんと素敵な女性がいて、結婚してしまう結末がめでたいけど、なんだかなあ。

公式サイトhttps://www.shoottomarry.com/

思い出したのが、2008年エディンバラ国際映画祭のA Complete History of My Sexual Failures

こちらはクリス・ウェイト監督がかつてのガールフレンドたちを訪ね、うまくいかなかった理由を探る。

監督のとんでもない事実が判明したりして、自分をネタに笑わせてるのがよかった。

公式サイトhttps://www.chriswaitt.com/portfolio/a-complete-history-of-my-sexual-failures

0 Responses to “婚活ドキュメンタリーShoot to Marryで思い出した”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。