感動し損ねた Time

第64回ロンドン映画祭  プレス試写

10月9日(金)

Time

犯罪者家族のドキュメンタリー。

銀行強盗をして、懲役60年にされた夫を取り戻そうとする妻と子らの約20年の映像からなる。

この妻も共犯だけど、もっと短い期間で放免されて、活動家みたいなことをしている。講演とか堂々たるもので、オプラみたい。

評価も高く、感動作らしいけど、堂々ぶりに気圧されて、反射的に、いや、でも、銀行強盗したよね?となって、感動し損ねた。

銀行強盗なんて、それこそ映画でしか見たことないし、大それたことと思うけど、アメリカではカップルで気軽にするようなカジュアルなものなんだろうか。

公式サイトhttp://concordia.studio/projects/time/

0 フィードバック to “感動し損ねた Time”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。