信仰と狂気 Saint Maud

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月2日(水)

Saint Maud

ローズ・グラス監督の強烈な長編デビュー作。

トラウマを抱えた看護師が、死へと向かう元ダンサーの女性患者との関係のこじれから、指針とする信仰が転じ、狂気に陥っていく

本人の頭の中にある認識と、現実が、離れていく。精神の病いを映像化することにかなり成功していると思う。

ラストシーン、本人の中では天国なイメージなのに、現実の彼女はまさに地獄絵図そのまま。大げさでなく、衝撃のラスト。

イギリスでは、この秋、公開予定。

公式サイトhttps://a24films.com/films/saint-maudj

0 Responses to “信仰と狂気 Saint Maud”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。