モンゴルならではの映画 Öndög

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

10月1日(火)

Öndög

荒野に捨て置かれた死体の番を命ぜられた若い警官と、その世話を頼まれた地元の娘。

ほんとうに何もないモンゴルの荒野で、火を起こし…という野宿状態の若い2人。でも、ロマンチックな甘さはなく、生と性とでも言いたいような生々しさ、そこで暮らす人々のたくましさ。モンゴルの地と民族あればこその映画。

公式サイトhttps://www.trigon-film.org/en/movies/oendoeg

0 Responses to “モンゴルならではの映画 Öndög”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。