ヘルツォークのそこはかとなく薄気味悪い日本 Family Romance, LLC

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月27日(金)

Family Romance, LLC

ヴェルナー・ヘルツォーク監督が日本の代行サービス業を映画化。

たとえば、結婚式に友人のふりをして出席するとかのサービスをする仕事。また日本に薄気味悪い商売が出てきたと思ったものだ。

グリズリーマンとか凄いドキュメンタリーがたくさんあるヘルツォーク監督だし、ドキュメンタリーで撮ってほしかった。代行してるのバレるから無理か。

ということで、代行サービスでなされていることを再現してみせるドラマ仕立てだが、実際にファミリーロマンス社を経営し、代行もする石井裕一が本人役で主役だ。俳優並みに上手い。代行を仕事にするくらいだから、そもそも俳優、または俳優志望だったのか。

当初、この商売に感じた薄気味悪さが、そこはかとなく漂ってくるあたり、さすがヘルツォーク監督だ。

日本では、ファミリーロマンス社として配信中。

公式サイトhttps://familyromancellc.com/

0 Responses to “ヘルツォークのそこはかとなく薄気味悪い日本 Family Romance, LLC”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。