Leap of Faith: William Friedkin on The Exorcist

第63回ロンドン映画祭 プレス試写

9月26日(木)

Leap of Faith: William Friedkin on The Exorcist

エクソシストを撮るウィリアム・フリードキン監督を主人公にしたドキュメンタリー。

言わずと知れた最高に怖い映画だが、フリードキン監督がもっと怖い。いい場面を撮るためには、何をも厭わなすぎ。その俳優の扱いは、人権無視じゃね? よく訴えられなかったな。

8年前、レジェンドな監督の元気な姿を拝めたことの有り難みがますます増すような、語り継がれるレベルのエピソードの数々。

一つ一つの場面の裏側を含めた分析のおかげで、あらためて凄い映画だったと再認識できた。

公式サイトhttps://exhibitapictures.com/films/leap-of-faith/

0 Responses to “Leap of Faith: William Friedkin on The Exorcist”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。