2018年3月 のアーカイブ

ピーターラビットを観る人

先週の水曜に試写、土曜にインタビュー(ウィル・グラッグ監督、ドーナル・グリーソン、ジェームズ・コーデン)したピーターラビットがこちらでは今日、公開。

インタビューの帰り、偶然にも電話で誰かに「ピーターラビット観に行くんだ。本持ってるし」とか話してる人がいて、まじまじと見てしまった。ショッキングピンクのスニーカーに黒いキャップ、小型犬を連れた女性。こういう人が観るんだなあ。

http://www.peterrabbit-movie.com/z

審査員ヒューヒュー!

24日 第68回ベルリン国際映画祭10日目

まだまだ上映もたくさんある本日は、授賞式の合間に邦画のプレスチケットが取れて、観る映画はそれが締めとなる。

 

インディペンデント賞授賞式

観れてたコンペからの受賞作は納得。それ以外からも結構よさそうなのがあったなあ。

 

わたしたちの家 清原惟監督ほかQ&A付き上映

凝った脚本にバッチリのロケーションでみせる。日本の新人監督達は凄いな。

 

金銀熊賞受賞者会見

よくぞ、この作品に金熊を!の意欲作、問題作、衝撃作Touch Me Notが受賞。いいぞ!審査員!

 

記者層が違ってた

23日 第68回ベルリン国際映画祭9日目

 

Mug プレス試写

ヘヴィメタ好きの長髪男が主人公でコメディーっぽく始まるのが、次第にアイデンティティーや社会問題も絡んでくる。

 

In the Aisles プレス試写

巨大倉庫みたいな店舗で働きはじめた男の恋物語。タトゥーがいっぱいの体を制服で隠すようにして黙々と働く男、フォークリフトの操作ができるようになったら一人前とか、丁寧に描かれる仕事のディティールが良い。雲行きの怪しい恋の行方が気になるも、後ろ髪引かれつつ次の試写のため最後20分ほど残し出る。Transitでも主人公だったフランツ・ロゴウスキが主演。コンペ2作で主演ってすごいな、要注目俳優だ。

 

Blue Wind Blows Q&A付き上映(富名哲也監督、畠中美奈プロデューサー)

佐渡島を舞台にした可愛らしい兄と妹、その母(内田也哉子)の物語。演技初体験の島の子らしいけど、自然に名演しちゃう子供ってすごいな。内田裕也、也哉子親子共演。映画祭で唯一子供観客OKのジェネレーション部門なので、小学生がたくさん観てました。しっかり質問もしててお利巧。

 

Songwriter 記者会見(マレー・カミングス監督、エド・シーランほか)

前日試写したエド・シーラン・ドキュメンタリーの会見。記者層がいつもと違って、若くて可愛いお嬢さんが多かったけどファンってことはないよね?音楽誌の記者?

http://songwriterfilm.com/


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ