第66回ベルリン国際映画祭7日目

Zero Days 試写

会見:アレックス・ギブニー監督, ヨッシ・メルマン, デヴィッド・サンガー, マーク・シュミューガープロデューサー

ここまできていたサイバー戦争の実態を見せるドキュメンタリー。

 

The Commune 試写

コミューンの家族とういうから、フリーセックスうんぬんのお話かと思ったら、メインはオーソドックスと言ってもいい夫婦のお話。想像したより全然良かった。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/pages/The-Commune/615405798570080

 

あるみち 一般上映 杉本大地監督登壇

監督が主演で他キャストも友達や家族という手作り映画。低予算でも安っぽくはない。センスの良さを感じさせるぴあフィルムフェスティバルグランプリ作品。

映像作家の森下明彦作Xénogénèseの上映もプラスされた。35年も前の作品なのに、今観ても古くない。

 

Where to Invade Next 試写

刺激的なタイトルから予想したほどシリアスでもなく、かなり笑えるドキュメンタリー。

公式サイトhttp://wheretoinvadenext.com/

 

広告

0 Responses to “第66回ベルリン国際映画祭7日目”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。