ヒッチコックのホロコースト映画

昨晩、チャンネル4でHolocaust:Night Will Fallを観た。

戦時中、イギリスの情報省にいたシドニー・バーンスタインは、ユダヤ人収容所の記録映像をドキュメンタリー映画として仕上げることになる。アルフレッド・ヒッチコックも加わって作られた、そのホロコースト・ドキュメンタリーは、結局、公開されることもなくお蔵入り。ユダヤ人収容所の記録映像は、ビリー・ワイルダー監督によってDeath Millsとして短編にまとめられる。

インペリアル・ウォー・ミュージアムでリストアされたバーンスタイン/ヒッチコック版を、上記経過も含め、アンドレ・シンガー監督がまとめたドキュメンタリー。白黒反転した映像での死屍累々巨大オーブンなど、凄まじい。お蔵入りになった政治状況もわかる。バーンスタイン/ヒッチコック版の締めの映像が、そのまま終わりに使われていて、そこだけでも号泣しそうになるパワフルな映画。

公式サイトhttp://www.channel4.com/programmes/holocaust-night-will-fall

広告

0 Responses to “ヒッチコックのホロコースト映画”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2015年1月
« 11月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。