第58回ロンドン映画祭試写3日目

Camp X-Ray

ブランドン・ニーリーの告発などもあった、グアンタナモ米軍基地収容所、エックスレイ・キャンプを舞台にした話。こんなオチだったら嫌だなあと予想してた結末で、きれいにまとめすぎだけど、兵士役のクリステン・スチュワートは熱演だし、対するイスラム教徒の囚人役のペイマン・モアディ(別離とかの)は相変わらず上手い。ぬるいオチながら、全体としてはけっこう見せます。

The Duke of Burgundy

虫愛でるマダムのレズ話。激しくも切ない心模様が虫模様と重ねて表される。格調高く、アーティスティックで、しかもユーモアもある。ここまでの試写中では一番。

広告

0 Responses to “第58回ロンドン映画祭試写3日目”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。