第64回ベルリン国際映画祭6日目

Inbetween Worlds

派兵の是非みたいな大きいテーマを、小さな良い話にまとめちゃってる。今回の初ブーイング。拍手もあったけど。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/zwischenwelten.film

Praia Do Futuro

説得力不足。そこまでやるのは何故?と突っ込みたくなる主人公の行動。ブーイングはないけど、拍手も忘れた頃に約1名。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/praiadofuturo

Stratos

すごみがあるようにも、しょぼくれたおじさんにも見える主演が、パン工場作業員で裏の顔は殺し屋という設定とマッチ。パートのおばさんたちとビニール帽子みたいなのかぶって作業してる。こんな地道な仕事してる殺し屋初めて見た。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/ToMikroPsari

家路 一般上映 久保田直監督 内野聖陽 登壇

松山ケンイチが、腹の据わった天使(という表現もなんだか変ですが)みたい。もう良い息子で、良い息子で(涙)。

公式サイトhttp://www.bitters.co.jp/ieji

広告

0 Responses to “第64回ベルリン国際映画祭6日目”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。