白黒で修道女というだけで名画風

一昨昨日、ロンドン映画祭、プレス試写での1本と一般上映で1本

Parkland(Official Competition)

今年はトム・ハンクスで開閉幕だけじゃなく、プロデュースしてるこれもあった。息子のコリン・ハンクスが出演。ケネディ暗殺のオズワルドの弟とか、パレードを撮るつもりが、撃たれたとこ撮って、騒動の真ん中に引っ張り出されたおじさんとかを、ケネディとオズワルドの両方が運ばれた病院パークランドを中心に描いてる。緊迫感はあるけど、話をあちこちしないで、オズワルド家の物語にしたら良かったのに。と思わせるような変なお母さんと、ちゃんとした弟。

公式サイトhttp://www.parklad-themovie.com

Ida(Official Competition)

白黒。孤児院/修道院で育てられたイダが叔母を訪ねることから始まる話。裁判官やってるインテリなのに荒れた感じのする叔母と、対照的に聖少女のイダ。そこから戦時の暗い過去につながり、それがイダと叔母を変えてしまう。イダの最後の決断に、全く甘さがないのが、ズシンと重い。コンペ、本命かも。

 

広告

0 Responses to “白黒で修道女というだけで名画風”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。