F1にはまりそう

ロンドン映画祭試写4日目。()内は映画祭でのジャンル

All Cheerleaders Die(Cult)

学校の最強派閥チアリーダーがますます最強になってしまうコメディと言うかホラーと言うか馬鹿馬鹿しいお話。でも、意外とヒットしたりして。なんたってチアリーダーだし。

Weekend of Champion(Thrill)

1972年のドキュメンタリーのアップデイト版。レーサーのジャッキー・スチュワートにインタビューするロマン・ポランスキー監督の映像を、その映像と同じモナコのホテルで見る当の2人という最後が加えられてるのが良い。ポランスキー相手に、スコットランド訛りでフランクに語るスチュワート。飾らない人のようで好感が持てる。時々映りこむイケメンドライバー何者?と思ってたら、事故死したフランソワ・セベールという人だった。当時は今とは比較にならないほど、ドライバーの安全性が軽視されてたそう。RUSHのジェームス・ハントやニキ・ラウダより数年前というほぼ同時代。RUSHでも安全面を議論する場面があったな。

The Fear(Dare)

家庭内暴力の話。主演の少年のいたいけさが泣かせる。悲しいことになりそうだと覚悟してたけど、それでもショックを受けてしまう最後。

広告

0 Responses to “F1にはまりそう”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。