マッドの世界ならぬマッドな世界

ロンドン映画祭試写3日目。()内は映画祭でのジャンル

Late at Night: Voices of Ordinary Madness(Journey)

最初にメンタルイルの人が出てきて話し始めたので、そういうドキュメンタリーかと思ったら、イギリスの様々な層の人、後半には銀行家とかも出てきてバブルな経済について語る。マッドなのは人じゃなくて、イギリス(または世界)という映画だった。

公式サイトhttp://film.britishcouncil.org/late-at-night–voices-of-ordinary-madness

Side by Side(Family)

同名の面白いドキュメンタリーがあったけど(サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ)、それとは違うお子様向けドラマ。

公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/pages/Side-by-Side/415820345140769

B for Boy(First Feature Competition)

新人監督コンペ作。

広告

0 Responses to “マッドの世界ならぬマッドな世界”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。