映画生活80年

Cameraman: The Life and Work of Jack Cardiffを見た。

カメラマンとして初のアカデミー名誉賞を獲得しているジャック・カーディフのドキュメンタリー。カメラマンとして一流なのに、なぜ並みの監督になるのかと言われた監督業の方でも、後には、認められるようになった。

マイケル・パウエル監督赤い靴のような古典の名作から、ランボーみたいなものまで撮ってるキャリアの長さにビックリ。その赤い靴のカメラワークをマーティン・スコセッシ監督がレイジング・ブルでまねているという後世への影響の大きさにも感心。

カメラマンよりライティングセンスがあったというマレーネ・ディートリッヒや、スタントもこなしたカーク・ダグラスなど、その長いキャリアからの思い出話も興味深い。

94歳で亡くなったのが2009年で、この映画の完成が2010年だから、映画中で映画生活80年とか話しているのは、少なくとも80歳は越えてる時点と思う。高齢なのにシャベリもハキハキ、ピシッとスマートな着こなしがかっこいいのにも驚く。

公式サイトhttp://www.jackcardiff.com

広告

0 Responses to “映画生活80年”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。