日本の注目作にやっとキャッチアップ

ジパング・フェストでミツバチの羽音と地球の回転を見た。

日本で、震災後、注目を集めた映画。鎌仲ひとみ監督は、ずっと原発の問題を追っていて、今、脚光を浴びた。問題意識を持って、地道に続けてる真摯な姿勢が、わかる映画だった。

この映画見てると、スウェーデンでできてるなら日本でもという気になる。そう考えるのは私の考えが浅いせい?と思わないでもないのを、飯田哲也という人が登場して打ち消してくれる。おっ、理想国会(出版社ロゼッタストーン主催:エキスパートの話を聞いて考えようという催しの第1回目)の人だ。

広告

0 Responses to “日本の注目作にやっとキャッチアップ”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。