大胆なアンドレア・アーノルド嵐が丘

Wuthering Heights(嵐が丘)鑑賞

アンドレア・アーノルド監督長編映画3作目。時代物でさえ、ヒリヒリするくらい生々しい。前2作は現代のワーキング・クラスが描かれてたから、題材からくるものかと思ったけど、手法によるもののようだ。人肌や髪の毛、雨、ドロ、草、蛾…撮るものみんな質感を感じさせて、性的なものから痛みとかまで、たくして見せるような。

ロンドン映画祭で見られなかったのを、劇場公開で見られて一安心。封切られる映画は見逃してもOK、映画祭では封切られないようなのを見とくべきか。Snowtown見といてよかった、と思ったら、なんとポスターがあった。イギリスでも公開のようだ。今回のロンドン映画祭では一番ショッキングだった映画。実際の猟奇殺人を基にしてるだけでなく、一味になってしまう家族が主犯に心理的に支配される過程が、見てると納得できるのがすごい。

公式サイトWuthering Heights

Snowtownの方は上のタグで、公式サイトを貼ってる感想を書いたページに飛べます。

広告

0 Responses to “大胆なアンドレア・アーノルド嵐が丘”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。