救助の人と犬

週末にチャンネル5でイギリスからの救助隊のドキュメンタリーを見た。

見てるうちに、被災地のためはもちろん、救助隊のためにも、1人でも救助できたらと願うような気持ちになった。でも、探し出せたのはご遺体ばかり。

それでも、救助隊に向かって、会う人会う人みなが感謝のこもったお辞儀をする。

現場で足を切ってしまった救助犬のバイロン。調べたら、1キロ体重を減らして帰ってきたと報じてる新聞を見つけた。

家族のもとに戻った隊員が、子どもに「誰か助けられた?」と問われて答えたという「日本の人を助けた」というポジティブな答えを、そのままチームに贈りたい。

1ヶ月目となる昨日の黙祷と、余震はテレビ各局でも報じられた。余震で震度6!3月11日を経験した後では、どんなに怖いだろう…

広告

0 Responses to “救助の人と犬”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。