2011年3月16日 のアーカイブ

イギリスも避難をアドバイス

夕方からのBBC、チャンネル4などのニュースで、イギリスも在住自国民に避難をアドバイスしはじめたことを伝えていた。今、こちらの夜8時の英外務省サイトに出ていた文章はBritish nationals currently in Tokyo and to the north of Tokyo should consider leaving the area.現在、東京内と東京の北の英国民は、その地域から離れることを検討すべきだ、というくらいのニュアンスだろうか。日本のみなさんは、もう、とうに検討していたかもしれないが。

*上を書いた時には、私自身もかなり不安でした。気分に左右されて書いてしまい、フォールス・アラーム気味でした。アメリカやイギリスも、最悪でも80キロ外にいれば大丈夫と判断しています。それを19日フォールス・アラームに書きました。

フランスは避難、イギリスは

今朝のBBCテレビで、東京にいる記者が、フランスは、エールフランスに増便の要請を出し、また日本でも南の方に行くようにと、在住自国民に関東から離れることをすすめていると伝えた。

その記者を含めた在住イギリス人にイギリスがとっているのは、不必要な旅行を避けろということだ。

フランスが、原発事故に関してイギリスも持っていない情報をつかんでいるということではなく、今の状況をどう見るかが違うのではないか。フランスは、これから起こるかもしれないことを重く見て、イギリスは今の時点で起こるかもしれないパニックを重く見ているのでは。もし、そうだとして、英仏どちらが正確な予測かもわからない。各自、判断して、どうするか決めるしかないということか。

と、以上は朝に、ニュースを見て、あわてて(ロンドンにいながらパニック気味ですみません)、あげてしまったが、その後確認したら、不必要な旅行を避けろは、被災地近くには、という意味のことが英外務省サイトにのっていた。記者が言ったのもそのことか、それとも、外出は控えろという意味かもしれない。ともかく、記者はフランスとは違うアドバイスで判断が難しいというように言っていた。

イギリスでは、仙台から東京まで、在住イギリス人を運ぶバスの手配などはしているが、日本のガイドラインで大丈夫ということでは、昨日のブログであげたジョン・べディントンほか専門家の意見も変わらないようだ。


映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2011年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ