気持ちのいい会見と思い上がるマスコミ(てか私?)

いつも思うけど、役者さんも大変よね。

試写+会見のパターンだと記者の方は、今見た作品で気持ちも盛り上がる。けど、編集作業とかもある監督さんはまだしも、俳優さんたちはとっくに撮影も終えて次のに入ってたりして、もうすっかり過去のこと。それでテンションあわせてくれるわけだもの。

会見とかインタビューとか、質問を受ける方は、簡単に言えば映画の宣伝だから、まあ営業だよね。それをしない俳優や出てきても態度の悪い俳優にマスコミが怒るのは、お門違いな気もする。配給会社の人が怒るのは道理にかなってるけど。

と頭が冷えてる時には思うけど、会見、インタビューができなかったりすると、ちょっと恨みがましく思ったりもしちゃうんだよね。人事のように言わずに、自分でも気をつけなきゃ。

というわけで、態度のよろしくない役者さんも悪く思わないようにしてる、というか、むしろ正直で好きだったりもするのだけど、作品と会見がピタリときまってくれると仕事がやりやすくはある。

今回のロンドン映画祭で、作品と会見が見事なシンクロを見せたのがConviction/コンビクション(原題)公式サイトFox Searchlight – Conviction – Official Site

兄の無実を信じる一念で弁護士にまでなった妹と、その実話を映画化しようというヒラリー・スワンクの一念の熱さが、映画と会見とで伝わってきた。演技がうまいだけじゃなく、エネルギッシュで実行力もあって、いい人なんだろうなスワンク。会見に出た妹さんも頭がいいだけじゃなく、エネルギッシュで実行力もあるんだろうし、あたたかみのある人だったし。

熱血な主演のスワンクに、その頼れる友人を演じたミニー・ドライバーもいかにも頼れそうな感じ。見た目も背が高くてスタイルいいけど骨組みがしっかりして骨太感があるし、ゆったり笑顔でハキハキしゃべるのもしっかり者っぽい。

そのアマゾネス系の2女優の間で、もともと小柄なのがいっそう小さく見えるようだったサム・ロックウェル。映画の荒くれ者の兄さん役ではちょっと筋肉もつけてて大きく見えたけど、両女優の間に挟まれると、しょぼくれた雰囲気の方がより強調されてた。でも、そのしょぼくれが魅力でもある。

背も高いコリン・ファースの威風堂々の魅力を力説した一昨昨日のブログとは手のひらを返すようだけど、しょぼくれてるのが魅力的な人もちゃんといるし、根性曲がってるのが魅力的な人もいそう。魅力って何だ?らしさ?そのキャラが認められて、それにあってればOKなのか?どうしたら認められる?うーん、尽きない疑問。

広告

0 Responses to “気持ちのいい会見と思い上がるマスコミ(てか私?)”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。