成功する俳優、監督には可哀想な子が多いのか?

ロンドン映画祭、試写+会見、一般上映+Q&A

The First Grader/ザ・ファースト・グレーダー(原題)

公式サイトThe Movie – The First Grader

84歳で小学校に入学して勉強を始めたケニアの元戦士キマニ・マルゲの実話。世の中には、すごい話が、いっぱいあるんだなあ。主役のマルゲを演じたオリヴァー・リトンドという人は、84歳よりは若いみたい。そりゃそうか。

その後、おじいさんと草原の小学校という邦題で7月30日から日本公開決定。(2011年4月11日追記)

Abel/アベル(原題)

公式サイトAbel | INICIO

ディエゴ・ルナの初長編監督作。少年を主人公にした家族のお話。父親が出て行ったショックで精神的にダメージを受けちゃった可哀想な男の子だけど、コメディタッチで笑いながら見られる。

こないだのピーター・マラン監督のNedsに続いて、ディエゴもこんなひどいお父さんを持ってたのか、いい監督/俳優には、ひどい父親は不可欠?と思ったら、そうじゃなくて、子どもを持ったディエゴがこんな父親にはなりたくないというものを描いたというので一安心。でも2歳で母親を亡くしてるそうで、それはそれで可哀想。

広告

0 Responses to “成功する俳優、監督には可哀想な子が多いのか?”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




映画ニュース/インタビュー

シネマトゥデイに書いている映画ニュース/インタビューはYahoo Japanなどに配信されています。

カテゴリー

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。